ネットワーク用語

PLC【ローカル・エリア関連用語】

PLC

屋内の電気配線を使ってデータ通信を行います。コンセントにPLCアダプタを2つ以上接続することで、アダプタ間の電気配線を通じてデータを送受信するのです。

概要
家庭の電気配線には、「交流」と言われる電気が流れています。交流の電気は、50Hz(東日本)とか60Hz(西日本)とかの周波数で流れています。一方、データ通信の信号は、何MHzという、非常に高い周波数で流れています。PLCアダプタは、両者をあわせた信号を作り出し、電気配線に送出します。受け取る側のPLCアダプタは、周波数の高いデータ通信部分だけを取り出して使用します。
解説
PLCとはPower Line Communicationsの略で、送電用の電気配線を使って通信を行う技術のことです。普段ネットワーク接続に利用するLANケーブルを、電気配線に置きかえて使えるようにした技術だと理解すれば良いでしょう。各フロアにLANの接続口が設けられていない建物でも、まず間違いなく電気用のコンセントは設けられています。

このコンセントに専用のPLCアダプタを設置、他方のフロアにも同様にPLCアダプタを設置することで、PLCアダプタ間の電気配線を使ってネットワーク通信を行えるようにするのがこの技術の特徴です。既存の建物に新しくLAN配線を敷設するには大がかりな工事が必要となりますが、この方式を用いた場合は、既存の電気配線がそのまま宅内LANのネットワーク配線として使えるため工事を必要としません。

また、通信に転用中であっても、電気配線としての利用が不可となるわけではないため、簡便に宅内LAN配線を実現することができます。PLCアダプタには、コンセント接続のために用いる電源ケーブルの他に、LANケーブル接続用のポートが設けられています。パソコンをPLCアダプタに接続する場合は、このポートにLANケーブルを接続して通信を行うことになります。当初は数Mbpsという通信速度でしたが、現在では理論値で約200Mbps前後、実際の通信速度でも約60Mbps前後が出るようになっています。

関連記事

  1. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

  2. プロキシサーバ【サービス・プロトコル関連用語】

  3. FTTH【ワイド・エリア関連用語】

  4. ICMP【インターネット関連用語】

  5. 電子メール【インターネット関連用語】

  6. ADSL【ワイド・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP