ネットワーク用語

ホームページ【インターネット関連用語】

ホームページ

WWW上でデータやファイルがひとつの固まりとして置いてある場所を指す言葉がWebサイト。

概要
ホームページとは、これと同義で使われている言葉です。「ホームページ」という用語の本来の意味は、WWWブラウザ起動時のスタート画面(として表示させるWebサイト)のことです。それが本来の意味を離れて「私のページ/私のWebサイト」といった意味で誤用されるようになり、そのまま定着してしまいました。このような誤用は日本国内に限るものです。したがって、海外で使っても意味は通じません。
解説
Webサイトと同義で便われることが多く、WWW(World Wide Web)上で、データやファイルがひとまとまりで置いてある場所を示す言葉として用いられています。HP、ホムペなどとも略されます。しかしこの用例は本来誤用であり、もともと本来の意味は、WWWブラウザを起動した際に一番最初に表示させるスタート画面(Webサイト)をあらわす言葉でした。

多くのWWWブラウザは「ホーム」ボタンを有しており、そのボタンをクリックすることで、このスタート画面に戻るという動作を行います。しかし、インターネット黎明期において、多数のWebサイトがトップに戻るボタンとしてホームボタンを設置していた影響もあってか、「Webサイトのトップページ=ホームページ」と意味が転じ、さらにHTML習得のための初心者向け解説本に載っていた作例が、軒並み「○○のホームページヘようこそ!」というトップページであったことが拍車をかけました。

雨後のタケノコのようにポコリポコリと量産されるWebページには、いずれも「ホームページ」という言葉が躍り、やがて多くの雑誌やメディアもこの言葉を誤用のまま使用するに至って、一般層には「Webサイト」という言葉よりも、「ホームページ」が馴染みのある言葉として定着してしまいました。

関連記事

  1. ADSL【ワイド・エリア関連用語】

  2. Cookie【インターネット関連用語】

  3. SOAP【インターネット関連用語】

  4. NAT【サービス・プロトコル関連用語】

  5. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

  6. ハンドオーバー【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP