ネットワーク用語

NAS【ハードウェア関連用語】

NAS

ネットワークに直接つないで使用できる外部記憶装置です。

概要
ファイルサーバ機能に特化して専用装置化している分、取り扱いが容易なのが特徴です。NASの特徴は、なんといってもネットワーク越しのファイル共有を、簡単・安価に扱えるようにすることです。複数のハードディスクを組み合わせることで、データの欠損やシステムダウンを防止するRAID機能を備えていたり、その構成は様々です。
解説
NASとは、ネットワークに直接接続して使用する外部記憶装置(ストレージ)です。NASによって提供される記憶領域は、ネットワーク上で共有して使うことができます。通常記憶装置というと、パソコンに接続して使うハードディスクやDVD-RWといったものが思い浮かびますが、これがネットワークに直接つないで使えるようになっていて、それをみんなで共有して使うイメージ…だと思えば良いでしょう。

他に上記のような役割を果たす装置といえば、ファイルサーバが代表的です。ファイルサーバは、自身の管理する記憶装置を共有可能なフォルダなどとしてネットワークに開放し、ユーザがネットワークを経由してその領域を使えるようにするものです。これによって、複数のコンピュータやユーザ間でのデータ共有や更新が楽に行えるようになるわけです。NASは、サーバからこのファイルサーバ機能だけを取り出して、専用装置化したものです。

専用装置化しただけあって、ネットワークヘ接続するために必要な通信機能やファイルシステムの管理機能が最初からワンパッケージ化されており、既存のネットワークに対して「つなぐだけ」で使い始めることのできる簡便さを持っています。その内部構成は様々ですが、多くはRAIDという「複数のハードディスクを組み合わせることで機器損傷時のデータ欠損やシステムダウンを防止する」といった機能がサポートされています。さらに高級機になるとホットスワップ機能にも対応し、システムが稼働中の状態でも、中のハードディスクを抜き差しして交換することができるようになっています。

関連記事

  1. ブロードバンド【ワイド・エリア関連用語】

  2. ドメインネットワーク【ローカル・エリア関連用語】

  3. WINS【サービス・プロトコル関連用語】

  4. SSL【インターネット関連用語】

  5. JPNIC【インターネット関連用語】

  6. ドメイン【TCP/IP関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP