ネットワーク用語

ゲートウェイ【ハードウェア関連用語】

ゲートウェイ

異なる2つのネットワークを接続して、相互に通信するために必要となる、機器やシステムのことです。

概要
単にゲートウェイと言った場合には、ルータを指すことがほとんどです。ゲートウェイは、異なる規格の仲介役として、翻訳機のように振舞う存在です。たとえば携帯メールとインターネットの電子メールとでは、間にメールゲートウェイというシステムが入ることで、相互に送りあうことを可能にしています。単にゲートウェイと言った場合には、LANと外部ネットワークとの出入り口になるルータを指します。
解説
LANと外のネットワークなど、2つのネットワークを接続して、相互に通信するため必要となる機器やシステムのことです。OSI参照モデルの全階層を認識して、通信媒体や伝送方式といった違いを吸収し、異機種間での接続を可能とします。ひとくちにゲートウェイと言ってもその内容は様々で、専用の機器である場合もあれば、コンピュータ上で稼動するソフトウェアである場合もあります。

たとえば電子メールを例にとってみると、インターネットにおける標準的な電子メール、Lotus社のNotesメール、携帯電話から送られる電子メールなど、様々なものがあります。これらはメール自体に関する規格も違えば、ネットワークを伝送される形式も異なりますが、お互いに送信しあうことが可能となっています。これはメールゲートウェイと呼ばれる、電子メール用のゲートウェイが相互にフォーマットを変換しているからで、このように相手方のネットワークに沿った規格へ変換して、相互乗り入れを可能とするのがゲートウェイの特徴です。

単にゲートウェイと言った時はルータを指すことが多く、この場合はLANから外のコンピュータヘアクセスする場合の出入り口という意味を持ちます。特に指定がない場合に標準として使用されるゲートウェイをデフォルトゲートウェイと呼び、LAN外に向けたパケットは、一旦このデフォルトゲートウェイヘ送られて外のネットワークヘと流されることになります。

関連記事

  1. パケット通信【Mobile 関連用語】

  2. サブネットマスク【TCP/IP関連用語】

  3. ICMP【インターネット関連用語】

  4. ワークグループネットワーク【ローカル・エリア関連用語】

  5. VPN【ワイド・エリア関連用語】

  6. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP