ネットワーク用語

コリジョン【ハードウェア関連用語】

コリジョン

衝突という意味で、ネットワーク上のコンピュータが、同時にパケットを送出してしまったために生じる「パケットの衝突」を意味しています。

概要
EthernetのようなCSMA/CD方式のネットワークでは、他に送信を行っている者がいない場合に限ってデータ送信を開始します。しかし、複数のコンピュータが同時に確認作業を行った場合には、送信がかぶってしまうことがあります。その結果、パケットの破壊を招くコリジョンが発生してしまいます。
解説
コリジョンとは衝突という意味で、ネットワーク上のコンピュータが、同時にパケットを送出したために生じる衝突を意味します。Ethernetなど、CSMA/CD方式のネットワークでは、通信路にデータを送出する前に、現在通信が行われているかどうかを確認します。

その結果、誰も通信路にデータを流していない場合にパケットを送出するわけですが、確認から送出まで若干のタイムラグがあるため、同様に確認作業を終えた他のコンピュータによって、同時にパケットが送出されてしまうということが起こり得ます。複数のコンピュータからパケットが送出されると、そのパケットは通信路上で衝突することになります。この通信路上で発生する衝突のことをコリジョンと言い、コリジョンが発生すると衝突したパケットは破損してしまうため、正常な通信が行えなくなってしまいます。

送信を行っているコンピュータは、コリジョンの発生を常時監視しており、衝突を検知するとジャミング信号を送って一旦送信を中止します。その後、送信しようとしていたコンピュータが個々にランダムな時間待機してから送信を試みることで、再びコリジョンが発生することを避けるのです。このような仕組みであるため、コリジョンの発生はネットワークの効率低下を引き起こすことになります。

関連記事

  1. リピータ【ハードウェア関連用語】

  2. NAT【サービス・プロトコル関連用語】

  3. ルータ【ハードウェア関連用語】

  4. ブロードバンド【ワイド・エリア関連用語】

  5. TCP(Transmission Control Protocol)【…

  6. ブログ【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP