Financial用語

ノーロード投信、投信ラップ【金融用語 金融商品編】

Financial用語
ノーロード投信
概要
購入時に販売手数料のかからない投資信託。オンライン証券や投資信託会社の直接販売などに多い。
解説
投資信託に関する費用は、直接的に支払うものとして販売手数料、間接的に支払う運用管理費用(信託報酬)、信託財産留保額、監査人報酬、運用対象の売買委託手数料があります。購入時に販売会社に支払う販売手数料は、約定代金の1~3%台という投資信託が多い中、手数料のかからない投資信託もあります。販売の際の人件費が軽微な販売会社(運用会社の直接販売)で取り扱っていることが多いようです。ただし、販売時の手数料が無料であっても間接的に支払う諸々の手数料は有料か、ほかの投資信託より高めの場合もあるので注意が必要です。なお、公社債型投資信託のMRF、MMF、中国ファンドなどはどの販売会社でも販売手数料は無料です。
Financial用語
投信ラップ
概要
ラップ口座の中でも投資信託だけを選定金融商品に挙げて顧客の資産を一任運用する資産運用サービス。ファンドラップともいいます。
解説
一般にラップ口座は投資対象を幅広い金融商品から選択しますが、投信ラップロ座では投資対象の資産を投資信託に絞っています。主にリアル店舗の証券会社や信託銀行、投資顧問業者が富裕層向けに始めたサービスですが、最近は少額でも利用できます。通常のラップロ座と同様、まず顧客のライフプランや投資への関心度、投資経験などをヒアリングし、投資家それぞれに見合うプログラムを提案します。顧客は運用の判断を業者に一任します。業者は運用中に選定した投資信託の運用状況を顧客に報告し、投資方針の見直しやポートフォリオの組み替えなどのメンテナンスも行います。とはいえ、すべてオリジナルの運用プログラムを組むほどの富裕層は一握りで、多くの場合はすでに用意されたいくつかの運用プログラムやコースの中から選択しているのが現状です。

関連記事

  1. PER、ROA【金融用語 金融商品編】

  2. 金融、直接金融、間接金融【金融用語 基礎編】

  3. 損害保険契約者保護機構、ソルベンジー・マージン比率【金融用語 利用者保…

  4. 地下銀行【金融用語 金融機関編】

  5. 持株会社、配当性向【金融用語 金融商品編】

  6. グレーゾーン金利、総量規制【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP