ネットワーク用語

IPマスカレード【サービス・プロトコル関連用語】

IPマスカレード

LANで利用するプライベートIPアドレスと、インターネット上で利用するグローバルIPアドレスとを、1対複数で相互に変換する技術です。

概要
グローバルIPアドレスを複数のコンピュータで共有することができ、ルータなどによく実装されています。インターネット宛てのパケットが届くと、送信元IPアドレスをグローバルIPアドレスに書き換えます。この時、ポート番号も書き換えて、その対応表を覚えておきます。そしてインターネットへ送出します。インターネット側からパケットを受信した場合には、着信したポートから以前の対応表をもとに書き戻し、LAN内に送出します。
解説
LANで利用するプライベートIPアドレスと、インターネット上で利用できるグローバルIPアドレスとを相互に変換する技術で、1つのグローバルIPアドレスを複数のコンピュータで共用することができます。ルータなどによく実装されている機能です。プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスとを1対1で変換するNATに対して、 IPマスカレードでは、TCPやUDPのポート番号までを含めて変換を行います。

これによって、1対複数の変換が可能となり、グローバルIPアドレスが1つしかない環境においても、複数のコンピュータが同時にインターネットヘ接続することができるようになるわけです。ただし、一見便利なこの機能にも弱点があり、一部のアプリケーションが動かなくなってしまうなどの制約が生じます。これは、アプリケーションによっては通信に用いるポート番号を固定にしていることがあり、その場合はポート番号まで変換してしまうIPマスカレードでは利用できなくなってしまうからです。

また、複数のコンピュータが同時に接続できるといっても、同一IPアドレスからの接続は1つに限定しているようなアプリケーションでは、やはり複数のユーザが同時にサービスを受けるということはできません。本来IPマスカレードという言葉はLinuxというOSで実装された機能の名前でしかなく、正確にはNAPT(Network Address Port Translation)という呼び方が正しくなります。ただし、IPマスカレードという呼び名の方が実際には普及しており、場合によっては「IPマスカレード=アドレス変換」という意味で、NATと一括りにされているケースも多いようです。

関連記事

  1. ハンドオーバー【Mobile 関連用語】

  2. 携帯電話【Mobile 関連用語】

  3. ICMP【インターネット関連用語】

  4. WAN【ワイド・エリア関連用語】

  5. インターネット【インターネット関連用語】

  6. SIMカード【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…