ネットワーク用語

Java【インターネット関連用語】

Java

オブジェクト指向のプログラミング言語です。

概要
インターネットなど多機種混在環境で、特定機種に依存することなく実行できるアプリケーションの作成を目的に開発されました。Javaの特徴は、作成されたプログラムがJava仮想マシン(JavaVM)という仮想環境上で動作することにあります。プログラムは大別すると「Javaアプリケーション」と「Javaアプレット」とに分けられます。
Javaアプリケーション:コンピュータのJava仮想マシン上で、通常のアプリケーションと同様に振る舞います。
Javaアプレット:WWWブラウザのJava仮想マシン上で、ページ内の1コンテンツとして動作します。
解説
Sun Microsystems社が開発したオブジェクト指向のプログラミング言語です。インターネットなど多機種混在環境において、特定機種に依存することなく実行できるアプリケーション作成を目的として開発されました。Javaの特徴は、作成されたプログラムがJava仮想マシン(JavaVM)という仮想環境上で動作することにあります。

Javaで作成したプログラムは、バイトコードと呼ばれる中間コードの状態で配布され、Java仮想マシン上で実際に動作するためのコードに変換されます。このような仕組みであるため、Java仮想マシンが動作するプラットホームであれば、どのシステムでも同一のプログラムを動かすことができるのです。Javaで作成されるプログラムは、大別するとJavaアプリケーションJavaアプレットとに分かれます。

Javaアプリケーションとは、通常のソフトウェアと同様に単体で動作するアプリケーションのことです。特徴的なのはJavaアプレットの方で、こちらWWWブラウザ上で動作するソフトウェアとなります。JavaアプレットはWWWサーバに本体が置かれており、実行時にクライアントヘダウンロードされてWWWブラウザのJava仮想マシン上で実行されます。

Java仮想マシンに対応したWWWブラウザがあれば機種を問わず、プログラム自体も実行時にダウンロードされるため配布の手間もかかりません。現在はより高速な実行が可能となるように、実行時にそのシステム用のコードを生成してから動作する、JIT(Just in Timeコンパイル)方式などの技術が用いられています。

関連記事

  1. リピータ【ハードウェア関連用語】

  2. PPP【サービス・プロトコル関連用語】

  3. CGI【インターネット関連用語】

  4. LAN【ローカル・エリア関連用語】

  5. WAN【ワイド・エリア関連用語】

  6. WiMAX【ワイド・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP