ネットワーク用語

NAT【サービス・プロトコル関連用語】

NAT

LANで利用するプライベートIPアドレスと、インターネット上で利用するグローバルIPアドレスとを、1対1で相互に変換する技術です。

概要
ルータなどによく実装されています。インターネットヘ宛てたパケットが届いた時は、そのパケットの送信元IPアドレスをグローバルIPアドレスに書き換えます。インターネット側からパケットが返送されてくると、その送信先IPアドレスを先程のプライベートIPアドレスに書き戻します。IPアドレスの変換は1対1で行いますので、所有しているグローバルIPアドレスの数以上にインターネット側と同時通信することはできません。
解説
LANで利用するプライベートIPアドレスと、インターネット上で利用できるグローバルIPアドレスとを相互に変換する技術で、ルータなどによく実装されています。インターネットの世界では、グローバルIPアドレスを用いて通信を行いますが、IPアドレスは32bitの値ということから、発行できる数には限界があります。そのため、LANのような組織内のネットワークでは、通常は各コンピュータに対してプライベートIPアドレスを割り当てることになります。

ただし、そのままではインターネット側と通信することができませんので、アドレス変換という手法を用いて、インターネットにアクセスする時だけ、グローバルIPアドレスに変換する必要が出てくるのです。NATによるアドレス変換は、パケットを書き換えることで行います。通過するパケットは常時監視され、インターネットヘ宛てたパケットが届いた時は、そのパケットの送信元IPアドレスをNATで管理しているグローバルIPアドレスに書き換えて送出します。

この時、変換した元のプライベートIPアドレスは記憶しておいて、インターネット側から届いたパケットに関しては、送信先IPアドレスをプライベートIPアドレスヘと書き戻してLAN内に送ります。これによって、内部ではプライベートIPアドレスを使いつつも、外部との通信には自動的にグローバルIPアドレスが使われることになるわけです。このような仕組みであるために、NATによるアドレス変換は、常にグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスとが1対1で置き換えられます。そのため、所有しているグローバルIPアドレスの数以上には、同時にインターネット側と通信することはできません。

関連記事

  1. bps【ハードウェア関連用語】

  2. NetBEUI【サービス・プロトコル関連用語】

  3. ルータ【ハードウェア関連用語】

  4. ブロードバンド【ワイド・エリア関連用語】

  5. Dynamic HTML【インターネット関連用語】

  6. ポータルサイト【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…