ネットワーク用語

WINS【サービス・プロトコル関連用語】

WINS

Microsoftネットワークにおいて、NetBIOS名とIPアドレスとを対応付けるためのサービスです。

概要
NetBIOS環境下で、ルータを超えて通信を行うには、プロトコルにTCP/IPを用いる必要があります。しかし、そのためにはコンピュータがIPアドレスで識別できなくてはいけません。そこで、NetBIOS名にIPアドレスを対応付けて、相互に変換しちゃいましょうとなるわけです。このNetBIOS名とIPアドレスとの関連付けを管理するサービスがWINSなのです。
解説
Microsoftネットワークにおいて、NetBIOS名(コンピュータの名前)とIPアドレスとを対応付けるためのサービスで、WindowsNT系列のサーバ用OSではこのサービスを提供するためのWINSサーバが実装されています。NetBIOSでは、もともとNetBEUIというネットワークプロトコルをトランスポート層として用いていましたが、このプロトコルはルーティング機能を持たないため、ルータによって相互に接続されたLANや、インターネット環境などでは利用することができません。

そのためこのような環境では、TCP/IPの持つルーティング機能が利用できるNBT(NetBIOS over TCP/IP)を使うことになります。TCP/IPネットワークでは、各コンピュータの識別にIPアドレスを用いますので、NBTを利用する場合にはIPアドレスとNetBIOS名とを相互に変換できる必要が出てきます。当初はこれに対してLMHOSTSファイルという、NetBIOS名とIPアドレスとの対応を記述したファイルを用いていたのですが、DHCPによってIPアドレスが動的に割り当てられるようになると、この方法では対処できなくなりました。

そこで、個々のクライアントによって、自分のNetBIOS名とIPアドレスとを自動的に登録することができるWINSサービスが開発されたわけです。WINSサービス環境下では、クライアントは必要に応じてNetBIOS名をWINSサーバに問い合わせ、対応するIPアドレスを取得します。これによって、DHCPのような動的にIPアドレスが変化する環境においても、通信を行うことができるのです。

関連記事

  1. NAT【サービス・プロトコル関連用語】

  2. ADSL【ワイド・エリア関連用語】

  3. 検索サイト【インターネット関連用語】

  4. マクロセル方式【Mobile 関連用語】

  5. UPnP【ハードウェア関連用語】

  6. DLNA【ハードウェア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP