ネットワーク用語

WINS【サービス・プロトコル関連用語】

WINS

Microsoftネットワークにおいて、NetBIOS名とIPアドレスとを対応付けるためのサービスです。

概要
NetBIOS環境下で、ルータを超えて通信を行うには、プロトコルにTCP/IPを用いる必要があります。しかし、そのためにはコンピュータがIPアドレスで識別できなくてはいけません。そこで、NetBIOS名にIPアドレスを対応付けて、相互に変換しちゃいましょうとなるわけです。このNetBIOS名とIPアドレスとの関連付けを管理するサービスがWINSなのです。
解説
Microsoftネットワークにおいて、NetBIOS名(コンピュータの名前)とIPアドレスとを対応付けるためのサービスで、WindowsNT系列のサーバ用OSではこのサービスを提供するためのWINSサーバが実装されています。NetBIOSでは、もともとNetBEUIというネットワークプロトコルをトランスポート層として用いていましたが、このプロトコルはルーティング機能を持たないため、ルータによって相互に接続されたLANや、インターネット環境などでは利用することができません。

そのためこのような環境では、TCP/IPの持つルーティング機能が利用できるNBT(NetBIOS over TCP/IP)を使うことになります。TCP/IPネットワークでは、各コンピュータの識別にIPアドレスを用いますので、NBTを利用する場合にはIPアドレスとNetBIOS名とを相互に変換できる必要が出てきます。当初はこれに対してLMHOSTSファイルという、NetBIOS名とIPアドレスとの対応を記述したファイルを用いていたのですが、DHCPによってIPアドレスが動的に割り当てられるようになると、この方法では対処できなくなりました。

そこで、個々のクライアントによって、自分のNetBIOS名とIPアドレスとを自動的に登録することができるWINSサービスが開発されたわけです。WINSサービス環境下では、クライアントは必要に応じてNetBIOS名をWINSサーバに問い合わせ、対応するIPアドレスを取得します。これによって、DHCPのような動的にIPアドレスが変化する環境においても、通信を行うことができるのです。

関連記事

  1. Java【インターネット関連用語】

  2. DynamicDNS【インターネット関連用語】

  3. パケット通信【Mobile 関連用語】

  4. XML【インターネット関連用語】

  5. NAT【サービス・プロトコル関連用語】

  6. クラウド【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…