ネットワーク用語

VPN【ワイド・エリア関連用語】

VPN

インターネット上に仮想的な専用線空間を作り出して、拠点間を接続したネットワークのことです。

概要
既存のインターネット回線を利用するため、安価に導入することができます。VPNを利用するには、相互の接続口にVPN機能を持った機器を設置します。インターネット経由でデータを流す場合には、VPN装置がデータを暗号化してから流します。受け取った側では、その暗号化を解除してから内部ネットワークヘ転送します。このように途中経路での通信データを暗号化することで、情報の漏洩や改ざんといった危険を回避することができるのです。
解説
インターネット上に仮想的な専用線空間を作り出して拠点間を安全に接続する技術、もしくはそれによって構築されたネットワークのことを示します。通常、専用線を用いた接続ではコスト高となる遠隔地のLAN間接続ですが、VPNであれば既存のインターネット回線を流用するため安価に導入することができます。VPNを利用するには、相互の接続部分に専用のVPN装置か、その機能が組み込まれたルータやファイアウォールを設置する必要があります。

このVPN装置では、通信データを暗号化してからインターネットに流し、受信側で暗号化を解除します。そのため途中経路となるインターネット上ではデータを解読することができず、情報漏洩や改ざんといった危険から通信データを守ることができるのです。ただし、VPN装置がお互いに互換性のある暗号化方式を用いなければ、データの暗号化を解除することはできません。

そのため現在では、VPNの標準プロトコルとして、IPSec(Internet Protocol Security)という規格が定義されており、このプロトコルに対応した機器同士であれば、異なるメーカーの機器間でも通信を行うことができるようになっています。また、VPNではLAN同士を接続する形態の他に、リモートアクセス型の接続方法も存在します。PPTP(Point to Point Tunneling Protocol)というプロトコルを使うと、LANの外からインターネット回線を使って仮想的なダイアルアップ接続を行うことができます。

関連記事

  1. FTTH【ワイド・エリア関連用語】

  2. HTML【インターネット関連用語】

  3. インターネット【インターネット関連用語】

  4. TCP(Transmission Control Protocol)【…

  5. フェムトセル【Mobile 関連用語】

  6. ActiveX【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP