ネットワーク用語

QoS【ハードウェア関連用語】

QoS

「Quality of Service」の略。ネットワーク上のサービスにおいて、通信の品質を確保するために用いる技術です。

概要
QoSの機能は、主にルータなどのネットワーク機器が備えています。QoSは2種類の制御を用いて、回線の帯域を確保します。
優先制御:使用するサービスに応じてパケットの優先度を決定し、処理の順番を入れ替えます。
帯域制御:パケットの通過パターンをコントロールすることで、サービスごとの帯域を制御します。
ちなみにQoSとは逆に、帯域の保証を一切行わないのがベストエフォート型のサービスと呼ばれるものです。
解説
QoSとは「Quality of Service」の略。Quality(品質)という語が示す通り、ネットワーク上のサービスにおいて、通信の品質を確保するために用いる技術です。たとえばIP電話のような通話サービスや動画の配信サービスなどではリアルタイム性が重視されるため、通信の遅延が即「音声や映像が途切れ途切れになってしまう」といった障害につながります。

このようなサービスに対して、優先的にネットワークの帯域を確保してあげることでその品質を保証する技術。それがQoSというわけです。この機能は、主にルータなどのネットワーク機器が備えており、「優先制御」と「帯域制御」という2つの制御に大別することができます。通常ルータでは到着した順番にパケットを処理しますが、「優先制御」ではパケットを使用するサービスに応じて優先度を決定し、処理の順番を入れ替えます。

優先度の高いパケットを先に送り出すようにするわけです。「帯域制御」では、ルータを通過するパケットの種類に応じて、それぞれの帯域を確保したり制限したりするなどして、通信品質を保ちます。このようにQoSは、「通信品質を確保するための制御技術」として使われる言葉ですが、より広義には「通信品質」「サービス品質」といった意味も持ちます。特定のサービスにおいてQoSを保証することを、QoS保証と言います。

関連記事

  1. LAN【ローカル・エリア関連用語】

  2. バス型LAN【ローカル・エリア関連用語】

  3. PHS【Mobile 関連用語】

  4. SMTP【インターネット関連用語】

  5. LANケーブル【ハードウェア関連用語】

  6. テザリング【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP