ネットワーク用語

FTTH【ワイド・エリア関連用語】

FTTH

電話局と加入者宅間に敷設されている銅線を、より高速な通信が可能となる光ファイバに置き換え、全家庭に高速な通信環境を構築しようという計画です。

概要
光ファイバとは、光によって情報を伝送するケーブルのことです。非常に高速な伝送能力を持っており、銅線と違って外乱にも強いため、きわめて高品質な通信が可能となります。
解説
現在、電話局と加入者宅間はアナログ電話用の銅線で接続されています。これを、より高速通信が可能となる光ファイバに置き換えることで、全家庭に高速な通信環境を構築しようとする計画がFTTH(Fiber To The Home)です。それが転じて、現在は「光ファイバを用いたインターネット接続サービス」自体をFTTHと呼称することもあります。光ファイバは外乱に強く、銅線とは違って外部からの影響を受けません。

そのため、高速な伝送特性を生かした高品質の通信が可能となります。通信速度は10Mbps~2Gbpsと非常に高速で、従来は現実的ではなかった音楽や動画といったマルチメディアコンテンツの配信もじゅうぶん実用的となりました。現在は、ネットワークを利用した各種サービスのインフラとして、様々な用途に活用されています。こうした光ファイバ網による接続サービスは、当初は東京・大阪・名古屋といった大都市や政令都市クラスまでに限られていました。

しかしサービスインから数年が過ぎたあたりで、かなりの範囲が網羅されるようになり、今ではNTTやKDDlなどが全国的なサービスとして手がけています。一方で、以前は「FTTHまでのつなぎ技術」と見られていたADSLとは、共存していく方向に収束しつつあります。サービス料金がそれなりに高価であるため、より安価なADSLサービスと比較して、利用者が「自身の求める速度に応じてサービスを選択する」といったスタイルに落ち着きつつあるのです。

関連記事

  1. ネットワークトポロジー【ローカル・エリア関連用語】

  2. SOAP【インターネット関連用語】

  3. ハブ【ハードウェア関連用語】

  4. マイクロセル方式【Mobile 関連用語】

  5. ADSL【ワイド・エリア関連用語】

  6. SIMカード【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP