ブロックチェーンは、2017年Fintechのお問い合わせ、Swiss Finance Regulator

同国の金融監督当局によると、スイスのブロックチェーン、暗号侵害(cryptocurrency)、初期コイン・オファリング(initial coin offering)(ICO)に関する調査は昨年、大幅に増加した。

その中の年次報告書火曜日に公開2017年、スイスの金融市場監督庁(FINMA)は、それが昨年受けた453件のフィンテックの問い合わせのうち、それらの60%は(271例)blockchainに焦点を当てていた、と述べ、cryptocurrency、ICOSおよびスマート契約アプリケーション。

FINMAは、合計270件(22%)のうち約60件しかブロックチェーン関連の問い合わせを見ていなかった2016年のデータと比較して、ほぼ3倍の成長を記録しています。

スイスの規制当局が監督業務の中心になっている時点で、ブロックチェーン技術に関する問い合わせが増加していると、ICOに関する質問はますます頻繁になっていると付け加えた。

「今年下半期(2017年)には、ICOを通じて資本調達に関する質問が急増した」とFINMAはコメントした。

特に、スイスの規制当局は、昨年9月、代理店の疑いのあるICOを調査し​​、最終的にEコインと呼ばれる詐欺に結びつく3つの事業体の閉鎖を命じるための措置をとった。

そして、先月、FINMAは ICOを通じて発行された様々なトークンをどのように扱うかについてのガイドラインを更新しました。代理店は、ケースごとにトークンを調べ、プロセスをさらに明確にするために3つの主要カテゴリを概説すると述べた。

ロイター通信によると、火曜日の記者会見で、同社の最高経営責任者(CEO)マーク・ブランソン氏は、彼の代理店が新ガイドラインの効率性に自信を持っており、現在、新しい枠組みの下ですでに完了しているICOを積極的に検討していると述べた。

NEWS&更新情報のお知らせ

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP