ネットワーク用語

DNS【サービス・プロトコル関連用語】

DNS

コンピュータ名からIPアドレスを取得するサービスのことです。このサービスが稼働しているコンピュータをDNSサーバと呼びます。

概要
このサーバに問い合わせることでIPアドレスが取得できます。TCP/IPネットワークでは、ネットワーク上のコンピュータをIPアドレスで識別します。けれどもそれでは覚え辛いので、別途コンピュータには名前が付けられています。DNSとは、この名前をもとに、対応するIPアドレスを取得するためのサービスです。電話帳を見て、電話番号を探し出すのに良く似ています。
解説
TCP/IPネットワークにおいて、ホスト名(コンピュータの名前)から、対応するIPアドレスを検索して取得するサービスのことを示します。ネットワーク上のコンピュータには、すべてIPアドレスという識別番号が割り振られています。通信を行う際には、このIPアドレスをもとに相手を指定して情報をやり取りするわけですが、IPアドレスは32bitの単なる数値であるため人間にとって覚えにくく、扱いやすいとは言えません。

そこで、人間にとってわかりやすい名前を用いてIPアドレスを指定できるように、名前解決の方法がいくつか用意されているのです。DNSもその1つで、このサービスが稼動しているコンピュータをDNSサーバと呼び、サーバ内ではホスト名とIPアドレスとの対応が記されたデータベースを管理しています。クライアントからの問い合わせを受けたサーバは、このデータベースを検索してホスト名に該当するIPアドレスを返却します。

これによって、クライアントはIPアドレスをもとに通信を開始できるようになるわけです。DNSのような名前解決の手法は電話帳によく似ています。電話帳も個人の名前をもとに、一意の番号となる電話番号を検索できるわけで、ホスト名からIPアドレスを取得することと何ら違いはありません。DNSとは、いわばネットワークにおける電話帳のようなものだと思えば良いでしょう。

関連記事

  1. コンピュータウイルス【インターネット関連用語】

  2. 携帯電話【Mobile 関連用語】

  3. NIC【ハードウェア関連用語】

  4. テザリング【Mobile 関連用語】

  5. ActiveX【インターネット関連用語】

  6. DHCP【サービス・プロトコル関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP