ネットワーク用語

DHCP【サービス・プロトコル関連用語】

DHCP

ネットワーク内のコンピュータに対して、IPアドレスの割り当てやサブネットマスクの設定といった、ネットワークに関する設定を自動的に行なうためのサービスです。

概要
1つのネットワーク上では、プライベートIPアドレスであっても重複することは許されません。DHCPは、こうしたネットワーク設定を自動化することで、管理の手間や人為的な設定ミスといった要因を排除します。ISPを利用したインターネット接続の場合にも、DHCPを使ってインタ字ネット上でのネットワーク設定を取得するのが一般的です。
解説
DHCPとはDynamic Host Configuration Protocolの略で、ネットワーク内のコンピュータに対して、IPアドレスやサブネットマスクといったネットワーク情報を自動的に設定するためのプロトコルです。1つのネットワーク上では、それがプライベートIPアドレスであったとしても、重複した番号を割り当てることは許されません。そのため、ネットワーク上におけるコンピュータのIPアドレス情報は、常に把握して重複させないよう管理する必要があります。

DHCPを利用するネットワークでは、この管理をすべてDHCPサーバが代行して行ってくれます。そのため管理する側としては手間がかからず、しかも自動的に設定されるのでIPアドレスの重複などという人為的なミスも発生しません。クライアントからサーバヘ問い合わせを行うと、そのネットワークを利用するための各種設定と、使用して良いIPアドレスが発行されます。

これによりネットワークヘの接続に必要な設定がすべて自動化され、クライアント側の設定ミスが原因でネットワークヘつなげることができないといったトラブルとも無縁になります。ISP(Internet Services Provider)を利用してインターネットに接続する際には、このDHCPによりインターネット上で用いるネットワーク設定を取得するのが一般的です。

関連記事

  1. ドメイン【TCP/IP関連用語】

  2. SET【インターネット関連用語】

  3. ドメインネットワーク【ローカル・エリア関連用語】

  4. パケットフィルタリング【サービス・プロトコル関連用語】

  5. Cookie【インターネット関連用語】

  6. HTTP【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP