ネットワーク用語

SOAP【インターネット関連用語】

SOAP

インターネットに分散する複数のオブジェクト、もしくはサービスにアクセスするためのプロトコルです。

概要
SOAP命令を記述したXML文書をHTTPで送付することにより、処理結果がXML文書として返されます。SOAPによってネットワーク上のサービスが連携することで、複数のサービスを自由に組み合わせて、1つのアプリケーションとすることができます。XMLによるデータ交換なため、様々なデータが格納でき、プラットホームにも依存しません。また、HTTPにより通信を行うので、既存の通信インフラをそのまま利用できます。
解説
その名の通り、シンプルにオブジェクトヘアクセスするためのネットワークプロトコルです。SOAPを利用することによって、インターネットに分散する複数のオブジェクトを連携させ、1つのアプリケーションとして構成することができます。ここで言うオブジェクトとは機能単位でまとめられたソフトウェアのことで、複数の機能を組み合わせることによって、新しいサービスを作り出すことができるのです。

ソフトウェアの連携というと難解な技術となりがちなのですが、SOAP自体は非常に単純な作りです。SOAPでやり取りされるメッセージはXMLのドキュメントであり、その中にSOAP命令が記述されています。要求をXMLで送信し、応答としてその結果が記述されたXMLを受け取ります。

要求とはすなわちオブジェクトヘのアクセスであり、結果とはそのオブジェクトの持つ値などです。このようにSOAPによる通信はXMLベースでのデータ交換であるため、プログラム言語やOSといった環境に依存しません。また、データの表現形式としてXMLを用いているため汎用性が高く、様々な形式のデータを格納することができます。

SOAPではほとんどの場合、下位プロトコルとしてHTTPを用います。HTTPは多くのファイアウォールで、WWWを利用するために通過を許可しているプロトコルです。そのため、HTTPベースで動作するSOAPも、特別な設定をせずともファイアウォール越しにサービスを構築することができるのです。

関連記事

  1. プロキシサーバ【サービス・プロトコル関連用語】

  2. WWW【インターネット関連用語】

  3. スマートフォン【Mobile 関連用語】

  4. DLNA【ハードウェア関連用語】

  5. ブリッジ【ハードウェア関連用語】

  6. PLC【ローカル・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP