ネットワーク用語

RSS【インターネット関連用語】

RSS

Webサイトの見出しや要約を配信するためのフォーマット。

概要
主に更新情報を公開するために用いられます。RSSリーダーと呼ばれるソフトウェアに、RSS対応のWebサイトを登録すると、RSSリーダーはそれらのサイトを定期的に巡回して、取得したRSSの情報をもとに更新情報を通知します。
解説
Webサイトの見出しや要約などを、簡単にまとめ配信するためのフォーマットです。主に更新情報を公開するために用いられます。この用語の中に含まれているRDFという言葉ですが、これはResource Description Frameworkの略で、メタデータを記述する枠組み、つまりは「どんな情報を」「どんな形で記述します」と取り決めたものです。

これを利用することによって、WWWを介したアプリケーションソフト同士のデータ交換が可能となっています。ブログの更新情報を配信するために使われているのが一般的ですが、ニュースサイトやTV番組サイトなどから新着記事や番組情報を配信したり、企業が製品情報を配信したりなどという事例も増えつつあります。こうしたRSS情報を取得して、その更新情報を参照するには、RSSリーダーと呼ばれるソフトウェアを利用します。

その形態は様々で、WWWブラウザに組み込まれているものや、OSのデスクトップ上に常駐するもの、専用のWebサイトに一覧としてリストアップするものなどがあります。ただしRSSは完全に統一された規格…というわけではなく、名称の異なる複数の規格が混在しています。日本においてはRSS 1.0(RDF Site Summary)が普及していますが、それとは異なる系列としてRSS 2.0(Really Simple Syndication)があります。これらは互いに互換性を持たず、事実上分裂してしまっている状態です。

関連記事

  1. ハンドオーバー【Mobile 関連用語】

  2. Token Ring【ローカル・エリア関連用語】

  3. マクロセル方式【Mobile 関連用語】

  4. ネットワークトポロジー【ローカル・エリア関連用語】

  5. IMAP【インターネット関連用語】

  6. Cookie【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP