ネットワーク用語

xDSL【ワイド・エリア関連用語】

xDSL

通常の電話用に敷設されている銅線を用いて、数Mbpsという高速なデジタル通信を行うための技術です。

概要
用途や速度によって様々なバリエーションがあり、それらを総称してxDSLと呼びます。アナログ電話では銅線が伝送できる周波数帯域の、わずか数%しか利用していません。xDSLはそれ以外の周波数を利用することで高速な通信を行います。電話回線から出力される信号は、スプリッタという機器を使って周波数帯域別に切り分けられます。これによって、お互いの干渉を防ぐのです。電話用のケーブルを流用して高周波信号を送るため、信号が距離の影響を受けて減衰してしまうのが難点です。
解説
電話局と加入者宅間にアナログ電話用として敷設されている既存の銅線を用いて、数Mbpsという高速なデジタル通信を行うための技術です。用途や速度によって様々なバリエーションがあり、それらを総称してxDSLと呼びます。アナログの電話回線では、電話局と加入者宅を接続した銅線にアナログの電気信号を流すことで通話を行います。

一般にこのアナログ通話で利用される周波数帯域は4kHzまでと言われており、xDSLはそれよりも高い周波数帯域を利用することで、高速なデータ通信を行います。ただし、電話用のケーブルを流用しているために、高周波の信号は減衰してしまいます。そのため、電話局から数km以内の短距離でないと利用することはできません。xDSLで通信を行うケーブルの両端には、スプリッタと呼ばれる器具を取り付けます。

これは、周波数帯域によってアナログ通話とデータ通信の信号を切り分けるものです。スプリッタにより分配された信号は、アナログ通話用のものは一般電話機に、データ通信用のものはxDSLモデムにつながれ、互いに干渉しあうことはありません。そのため、音声通話とデータ通信を同時に行うことができるのです。xDSLでは、既存の電話線を流用して高速なデータ通信ができるため、光ファイバの普及を目指すFTTH(Fiber To The Home)と並行して注目されています。

関連記事

  1. 輻輳【Mobile 関連用語】

  2. スマートフォン【Mobile 関連用語】

  3. IPv6【TCP/IP関連用語】

  4. クラウド【インターネット関連用語】

  5. WINS【サービス・プロトコル関連用語】

  6. ドメイン【TCP/IP関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP