ネットワーク用語

Bluetooth【ローカル・エリア関連用語】

Bluetooth

携帯情報機器向けの無線通信技術です。

概要
2.4GHzという帯域を使用して様々な機器をケーブルを使わずに接続することができます。BIuetoothはネットワーク用の技術ではなく、機器間の接続に用いていたケーブルを排除するために、広範囲で用いられるものです。1台のマスター機器に対して、7台までスレーブとして機器を接続することができます。
解説
携帯情報機器向けの無線通信技術で、「Bluetooth SIG」という業界団体によって推進されています。2.4GHzという帯域を利用して、パソコンや周辺機器、携帯情報端末(PDA)、家電、携帯電話に至るまで、ケーブルを使わすに様々な機器を接続することができます。接続は、1台の機器がマスターとなり、これに7台までの機器がスレーブとしてぶらさがる形態をとります。

マスターとは親機、スレーブとは子機と思えば良いでしょう。通信速度は、Bluetooth 1.x規格で1Mbps。高速化機能に対応したBluetooth2.x+EDR規格では3Mbps。さらに次のBluetooth3.x+HS(High Speed)では24Mbpsと、順次高速化が進んでいます。赤外線通信とは違って機器間に障害物があっても問題はありません。通信距離は出力レベルに応じて3種類に分かれており、もっとも大きな出力のClass1では100m、Class2で30m、Class3だと1mの距離で通信することができます。

Bluetoothは主にネットワークを構築するための規格ではなく、機器間をワイヤレス接続するための規格です。そのため無線LANとは対象となる用途が異なります。無線LANと比較した場合、通信速度や通信できる距離の点で見劣りしますが、携帯電話へ搭載することも前提とした設計であるため、非常に省電力で製造コストも低く抑えられるようになっています。Bluetooth規格には現在Bluetooth4.xまでありますが、こちらは省電力化を特に推し進めたもので、従来の3.x+HSとは方向性が異なります。

関連記事

  1. マクロセル方式【Mobile 関連用語】

  2. ソーシャルネットワーク【インターネット関連用語】

  3. ローミング【Mobile 関連用語】

  4. SIMカード【Mobile 関連用語】

  5. インターネット【インターネット関連用語】

  6. サブネットマスク【TCP/IP関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP