Financial用語

アメリカドル、ユーロ【金融用語 金融商品編】

Financial用語
アメリカドル
概要
アメリカ合衆国で使用される通貨単位。米ドル、USドル、USD、$とも表示される。世界の基軸通貨とされています。
解説
アメリカドルは、アメリカ合衆国の通貨単位です。補助通貨単位としてセントがあります。セントは¢(cent)と表示され、通称をペニー(penny)と言います。アメリカドルは、紙幣で7種類と硬貨で4種類が流通しています。紙幣の表面には歴代大統領や政治家の肖像が、裏面の多くには歴史的建造物が描かれています。硬貨はそれぞれ通称があり、5¢はニッケル、10¢はダイム、25¢はクォーター、50¢はハーフダラーと呼ばれています。アメリカドルは、国際貿易の8割以上の決済で使用されているほどの取引量で信用性も高いため、世界の基軸通貨とされています。ドルには、ほかにカナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランド、香港ドル、シンガポールドルなどがあります。これらは、「ドル」と名が付くものの、通貨価値が異なる別の通貨です。
Financial用語
ユーロ
概要
1999年年1月1日に欧州通貨連合(EU)の通貨統合で導入された欧州の単一通貨。ユーロを導入した域内では為替リスクは生じない。
解説
ユーロは、欧州の通貨統合に際して1999年1月1日から導入された単一通貨です。まずは資本取引、すなわち金融市場や企業間の取引で導入され、2002年1月1日からユーロの紙幣と硬貨が流通しました。ユーロ導入国同士では為替取引コストがかからず、為替リスクがないため貿易や投資が活発になること、ユーロ圏がアメリカドルに対抗する巨大な金融・資本市場になり得ること、商品・サービス価格やコストの比較がしやすく価格が安定すること、などが統一通貨のメリットです。ユーロ通貨は、ECBが発行します。通貨統合に参加する国は、「マーストリヒト条約」で定められたインフレ率・財政・為替・金利などの条件を満たす必要があります。参加してからも、財政状況や経済政策についての制限が設けられています。

関連記事

  1. CP市場、長期金融市場、ユーロ市場【金融用語 金融市場編】

  2. インカムゲイン、キャピタル・ゲイン【金融用語 金融商品編】

  3. ポートフォリオ、ドルコスト平均法【金融用語 金融商品編】

  4. 学資保険/子ども保険、自賠責保険【金融用語 金融商品編】

  5. 証券総合口座、特定口座【金融用語 金融商品編】

  6. ADR、外国債【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…