Financial用語

地方債、社債【金融用語 金融商品編】

Financial用語
地方債
概要
地方公共団体が発行する債券。一般の個人投資家は市場公募債や住民参加型ミニ市場公募債を購入できます。
解説
地方債を発行して地方公共団体が借り入れた資金は、地域の公共事業や行政サービスに使われます。地方債には、「市場公募地方債」と「銀行等引受地方債」があります。「市場公募地方債」は広く一般の投資家から資金を募集して発行され、発行額が多く流通性に優れています。なお、「ミニ公募地方債」とも呼ばれる「住民参加型市場公募地方債」は、地域住民の投資家を対象に購入を募る債券です。住民参加型市場公募地方債は、地方分権や財政投融資改革などが叫ばれる中、地域住民の行政への参画意識の高まりと、地方公共団体における資金調達方法の多様化が背景にあります。資金の使い道などを明確にするなどの透明性が特徴です。
Financial用語
社債
概要
事業会社が不特定多数の投資家から資金を借りるために発行する債券。普通社債、新株予約権付社債があります。
解説
国や地方公共団体が発行する公社債に対して、民間の事業会社が発行する債券が社債です。特別法に基づく金融機関が発行する債券を特に金融債と言います。「普通社債」は、償還まで借入金のまま株式などに転換しない債券です。ほとんどの社債が固定金利です。償還までの期間は、発行会社の資金需要に応じてさまざまです。利率は、発行時の市場金利と発行会社の信用力で決定します。債券価格は、市場金利と発行会社の信用力によって変動しています。途中換金は時価での売却です。発行時より高金利の環境や発行体の財務悪化などでは、元本割れも生じます。

関連記事

  1. 金利、利回り、リスクフリーレート【金融用語 基礎編】

  2. 中央銀行、日本銀行【金融用語 金融政策編】

  3. オフショア市場【金融用語 金融商品編】

  4. 信用金庫/信金中央金庫、信用組合【金融用語 金融機関編】

  5. 公社債型投資信託、インデックス型投資信託【金融用語 金融商品編】

  6. 固定金利、変動金利【金融用語 基礎編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP