Financial用語

短期金融市場、インターバンク市場【金融用語 金融市場編】

Financial用語
短期金融市場
概要
インターバンク市場とオープン市場があり、一時的な資金繰りのために、ごく短期間の資金を貸し借りするための取引市場。
解説
短期金融市場は、主に半日から数日間という極めて短期間の資金の貸し借りが活発に行われていて、原則として1年未満の決済資金の貸し借りをするための取引市場です。金融機関だけが参加できるインターバンク市場として、手形市場、コール市場、ドル・コール市場などがあります。オープン市場として債券レポ市場、債券現先市場、CP市場、CD市場などがあります。短期金融市場は、日本銀行が金融政策を実施する場です。金融政策決定会合の方針に基づき、民間金融機関を相手に手形の売買や債券や貸付を行います。この事を公開市場操作といい、資金の供給や吸収で社会のお金の量が調整されます。
Financial用語
インターバンク市場
概要
半日や1日など、極めて短期間の資金調達が主にやり取りされていて、取引参加者を金融機関に限定している金融市場。
解説
「インターバンク」とは、取引参加者を金融機関に限定するという意味で、インターバンク市場は金融機関が資金の過不足を調整するために、金融機関同士で資金の運用と調達を行う市場です。手形市場、コール市場、ドル・コール市場などがあり、中でも代表的なものに、担保を必要とせず翌営業日に決済を行う「無担保コール翌日物」があり、市場規模が大きいため日本銀行の金融政策にも利用されています。良好な時の金融市場では、インターバンク市場で行われた金融調節がオープン市場の金利に波及し、長期金融市場の金利へも影響を与え、金融市場全体に広がっていきます。

関連記事

  1. 地震保険、損害保険【金融用語 金融商品編】

  2. TTS/TTB、購買力平価【金融用語 金融商品編】

  3. 株式【金融用語 金融商品編】

  4. 証券化、ABS【金融用語 金融商品編】

  5. 公募・私募【金融用語 基礎編】

  6. 目論見書、基準価額【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP