Financial用語

生命保険【金融用語 金融商品編】

Financial用語
生命保険
概要
人の命に関わる保険で、主に被保険者が死亡した場合や、高度障害になった場合の収入減に備えるために利用される保険。
解説
保険契約は、契約期間内に被保険者や保険の対象に万が一の事故が起こった場合、一定の保険金が受け取れる取引です。生命保険は、人の死亡や高度障害を保険事故とする保険契約です。生命保険は、どのような場合に保険金が受け取れるかで3つに分類されます。「死亡保険」は、被保険者の死亡または約款所定の高度障害になった場合です。「生存保険」は、被保険者がある時点で生存している場合です。「生死混合保険」は、被保険者が保険期間内に死亡または高度障害になった場合に死亡(高度障害)保険金が、ある時点で生存していれば生存保険金が受け取れます。

関連記事

  1. 都市銀行、地方銀行【金融用語 金融機関編】

  2. プライムレート【金融用語 基礎編】

  3. デュアル・カレンシー債、外国投資信託【金融用語 金融商品編】

  4. 公社債型投資信託、インデックス型投資信託【金融用語 金融商品編】

  5. ローン、融資形態【金融用語 金融商品編】

  6. 世界銀行、BIS【金融用語 国際金融編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP