ネットワーク用語

ルータ【ハードウェア関連用語】

ルータ

LAN同士やLANとインターネットといった、異なるネットワークを相互に接続します。

概要
ネットワークプロトコルとしてIPに対応したものが一般的で、パケットのIPアドレスをもとに転送先を選択します。ルータは、LAN内に宛てたパケットを受信すると、外部へは流さずにそのまま配送します。他のネットワークへ宛てたパケットを受信した場合は、そちらのネットワークを担当するルータに配送を依頼します。さらに遠方にあって直接やり取りが行えないネットワーク宛ての場合も、より適したルータヘとバケツリレーを繰り返すことで、問題なく届けることができます。
解説
OSI参照モデル第3層(ネットワーク層)の中継機能を提供する装置で、LAN同士やLANとインターネットといった、異なるネットワークを相互接続するために用います。ネットワークプロトコルレベルで経路情報(ルーティングテーブル)を管理しており、この経路情報に基づいて、通信データを送信先のネットワークヘと中継します。ルータによって対応するプロトコルは決まっており、安価な製品ではIPのみに対応したものが
一般的です。

その場合、経路を選択するために用いるアドレスにはIPアドレスを使用することになります。IPアドレスを住所と見た場合、ルータの役割りは郵便局の役割りと似ています。郵便局では、地域ごとに郵便物の管理を行っており、担当地域内から発送された郵便物は、地域内宛てならそのまま配送し、地域外宛てであれば一旦そちらの郵便局へと配送します。ルータもこれと同じで、IPアドレスという住所をもとに、自分の属するネットワーク内(地域内)宛てであれば外部へは流さず、外部のネットワーク(地域外)宛てであった場合に、そちらのネットワークを担当するルータヘとパケットを送出するのです。

とはいえインターネットのように接続されたネットワークが膨大な数になる場合には、直接相手先のネツトワークヘ送信することは不可能です。その場合には、より処理をするのに適していると思われるルータ相手にデータを送り、そのルータからさらに適したルータヘと送られていくことで、最終的には目的のネットワークヘ届けられるという仕組みになっています。

関連記事

  1. プロキシサーバ【サービス・プロトコル関連用語】

  2. SMTP【インターネット関連用語】

  3. Ethernet【ローカル・エリア関連用語】

  4. PLC【ローカル・エリア関連用語】

  5. インターネット【インターネット関連用語】

  6. ファイアウォール【サービス・プロトコル関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP