ネットワーク用語

リング型LAN【ローカル・エリア関連用語】

リング型LAN

バスと呼ばれる1本のケーブルをリング状に配置して各コンピュータを接続する形態のことです。

概要
Token RingやFDDIにおいて用いられています。リング状のバスを1方向にパケットが流れるため、バス型LANと違ってターミネータを必要としません。バケツリレーのようにパケットを流すため、ネットワーク上のコンピュータが故障すると、パケットの流れが遮断されて通信障害を引き起こします。
解説
ネットワークの接続形態を示す用語の1つで、リング状のバスと呼ばれる1本のケーブルにコンピュータを接続する方式です。1本のバスに各コンピュータを接続する点では「バス型LAN」と同じですが、そのケーブルがリング状になっていることから、この名前が付いています。Token RingやFDDIなどにおいて用いられている形態で、他の方式に比べてケーブルの総延長距離を長くとることができるのが特徴です。

そのためLANの規格だけにとどまらず、WANのような広い地域を網羅するネットワークにおいてもこの形態を採るものがあります。この方式ではバスがリング状になっているため、バス型LANと違って終端装置を必要としません。パケットはバス上を1方向のみに流れ、ネットワーク上のコンピュータはこのパケットを随時チェックして、自分宛であるか否かを判定します。

自分宛であった場合はそのまま取得しますが、違った場合はさらに次のコンピュータヘと流すこととなり、まるでバケツリレーのような感じでパケットが流れていくことになります。そういった方式であるために、ネットワーク上のコンピュータが1台でも故障してしまうとパケットの流れがそこで止まり、通信障害を引き起こすことになってしまいます。

関連記事

  1. MIME【インターネット関連用語】

  2. ISDN【ワイド・エリア関連用語】

  3. IP(Internet Protocol)【TCP/IP関連用語】

  4. マイクロセル方式【Mobile 関連用語】

  5. IPv6【TCP/IP関連用語】

  6. NNTP【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP