Financial用語

信用金庫/信金中央金庫、信用組合【金融用語 金融機関編】

Financial用語
信用金庫/信金中央金庫
概要
信用金庫は、中小企業や地域住民を会員とする金融機関。信金中央金庫は、信用金庫の預金を運用する信金業界の中央機関。
解説
信用金庫は、会員や地域社会の利益が優先です。融資は原則的に会員のみが対象です。預金は会員以外も利用できます。営業地域に在住か在勤、小規模の事業所を置く者が会員になれます。信金中央金庫は、信用金庫からの預金と金融債の発行で調達した資金を、有価証券や貸出金で運用する機関投資家です。信用金庫の中央金融機関で、個人の口座は開設できません。信用金庫と信金中央金庫は、預金保険機構の加入金融機関です。
Financial用語
信用組合
概要
相互扶助の理念で、地域の組合員が預金し合い、必要な融資を受ける協同組合組織の地域密着型金融機関。正式には「信用協同組合」といいます。
解説
信用組合は、中小企業や生活者のための金融を担う協同組合組織で、非営利の金融機関です。お金のない時代に仲間同士がお金を持ち寄って助け合ったことが起源で、相互扶助が理念です。組合員資格は、信用組合の営業地域在住または在勤者、小規模事業者やその役員です。組合員は、利用者であり運営者です。信用組合は預金保険機構の加入金融機関であるため、外貨預金などの保護対象以外の金融商品は、預金保険制度により保護されます。なお、信用組合は信用金庫と同様に協同組織の金融機関ですが、根拠法や会員(組合員)資格が異なります。また、預金の受け入れについても、信用組合は原則として組合員が対象ですが、信用金庫は制限がないなど業務の範囲もやや異なっています。

関連記事

  1. 公募・私募【金融用語 基礎編】

  2. 投資信託、ファンドマネージャー【金融用語 金融商品編】

  3. ファイナンシャル・プランナー、マイナンバー制度【金融用語 金融商品編】…

  4. 損害保険契約者保護機構、ソルベンジー・マージン比率【金融用語 利用者保…

  5. 金融商品取引法、セーフティネット【金融用語 利用者保護編】

  6. 機関投資家、証券取引法【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP