Financial用語

元金均等返済、元利均等返済【金融用語 金融商品編】

Financial用語
元金均等返済
概要
ローンの元金部分を返済期間で按分して、毎回の返済額のうち元金は一定額、利子部分がだんだん減っていくローンの返済方法。
解説
元金均等返済は毎回の返済額のうちの元金部分が一定ですが、利子部分は一定ではありません。利子部分はローンの残高に応じて計算されます。ローンの残高が多い時期、つまり借り入れ直後はローンの利子部分の支払いが多いため、元金と利子を足した毎回の返済額合計が多く、回数の経過とともに、毎回の返済額も徐々に少なくなっていきます。元金均等返済方式のメリットは、元利均等返済方式よりも元本を返済するペースが早く、返済総額を抑えられる点です。利子総額を抑えていることにもなります。将来の収入が減少すると予測する人に向いています。デメリットは、融資残高が大きいと借り入れ当初は利子部分が多く、毎回の返済額が大きいことです。
Financial用語
元利均等返済
概要
ローンの返済額があらかじめ契約した一定額で、仮済回数が進むごとに、毎回の返済額の内訳で元金の割合が大きくなる返済方法。
解説
元利均等返済は、ローンの返済方法の中でも最も一般的です。元金と利子を足した毎回の返済額が、一定の金額となるよう計算されています。元利均等返済のメリットは、毎回の返済額が一定で返済計画が立てやすい点です。デメリットは、元金均等返済に比べると借り入れ当初の元金部分の返済ペースが遅いため、返済総額が多くなるところです。特に長期のローンでは、元金が減るペースは鈍くなります。ほとんどの銀行では、変動金利のローンは返済額が5年ごとに見直されます。増加する場合は増加の幅を25%以内に抑える「125%ルール」が設けられていますが、通常、元利均等返済方式に適用されるルールです。これにより金利が上昇した場合であっても、金利変更直後の急激な支払増加を抑えることができます。

関連記事

  1. 有価証券、オフバランス【金融用語 金融商品編】

  2. アメリカドル、ユーロ【金融用語 金融商品編】

  3. 第二地方銀行、長期信用銀行【金融用語 金融機関編】

  4. デフォルト、ジャンク債【金融用語 金融商品編】

  5. 現在値、気配値【金融用語 金融商品編】

  6. 金融商品販売法、消費者契約法【金融用語 利用者保護編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…