Financial用語

発行市場、流通市場【金融用語 基礎編】

Financial用語
発行市場
概要
投資家に募集をかけ、証券を発行して事業などに必要な資金を投資家からダイレクトに集める場所や方法のこと。
解説
国や会社、地方公共団体などが直接金融の仕組みを使用して事業に必要なお金を収集する場合、出資者(投資家)を募って債券や株式などの有価証券を発行します。有価証券とお金が取引される場所が発行市場です。発行市場は実際に存在する場所ではなく、発行の場を指す抽象的なものになります。投資家の観点でいう発行市場は、資金を運用する場になります。出資した投資家がそのお金を回収したい場合には、債券の償還時を除きますが、流通市場で売買をして換金します。発行市場は、お金を必要とする人と、現在は使用しないお金をいつか使用する時期まで運用させておきたい人が会する場所と言えます。
Financial用語
流通市場
概要
すでに発行されている株式や債券などの有価証券が、投資家と投資家の間で売買される取引の場所のこと。
解説
発行市場で発行された債券や株式を、他の投資家との間で売買取引をする場所が流通市場です。証券の売買を行う金融商品取引所(証券取引所)は、一般の投資家が直接注文を出すことはできないので、金融商品取引業者(証券会社)に委託して取次をしてもらいます。流通市場は、名が示す通り証券が流通する場のことを指します。債券価格や株価はオークションのように、投資家の「買いたい」「売りたい」という注文によって価絡が上下します。このことから流通市場は、証券の現在価値を確認する場と言えます。株式の発行体は、株価が自社の時価総額の計算の基盤となることから、流通市場の動向を意識しています。証券を売買する場であり、金融資産としての資産価値を知る場でもあるため、流通市場は投資家にとっては重要な存在となります。

関連記事

  1. インターネットバンキング、異業種の銀行参入【金融用語 金融機関編】

  2. 公的年金、企業年金【金融用語 金融商品編】

  3. ホールセール、ALM【金融用語 金融機関編】

  4. 証券化、ABS【金融用語 金融商品編】

  5. 債券の現在価値、国債【金融用語 金融商品編】

  6. IMF、FOMC【金融用語 国際金融編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP