Financial用語

財務諸表、キャッシュフロー【金融用語 金融商品編】

Financial用語
財務諸表
概要
会社の事業の成果として、一定期間で稼ぎ出した利益やある日の財産の残高を集計した計算書。会社の好調・不調の状態を知ることができます。
解説
会社は、株主や債権者など外部の利害関係者(ステークホルダー)に開示する目的や、会社内部で効率的な経営計画を策定して結果を検証するために事業の成果を集計します。その集計表を財務諸表と言います。会社が決算をして作成する決算書のうちの、お金に関する書類です。財務諸表の作成には、社会的・公共的な責任が伴い、制度上多くの規制が設けられています。財務諸表の中でも特に重要な計算書は、「損益計算書」「貸借対照貸表(バランス・シート)」「キャッシュフロー計算書」です。貸借対照表は決算末の財産の状況を示し、損益計算書は事業の売上・費用・利益を示し、キャッシュフロー計算書は決算期間のお金の流れを示します。
Financial用語
キャッシュフロー
概要
事業活動の結果の「現金の流れ」、もしくは資金がどうのようにどれだけ増えたかを指す「資金収支」のこと。
解説
キャッシュフロー(以下CF)は、「現金の流れ」の意味で、最終利益に減価償却費を足した「会社の収益力の指標」でもあります。会社の会計期間内の現金の流れを、営業活動、投資活動、財務活動などに区分して集計したものが「キャッシュフロー計算書」です。営業CFで稼いだ現金を投資CFに回し、過不足を財務CFで調整するのが基本的な流れです。営業CFと投資CFの合計がフリーCFです。営業CFのマイナスは要注意で、利益が赤字、販売代金が回収できない、在庫の抱えすぎなどの原因が考えられます。フリーCFのマイナスも良いとは言えず、設備投資のし過ぎなどが考えられます。また、CFが多すぎて、その資金を有効活用していない場合も将来の利益が期待できずに良好とは言えず、このような場合はM&Aを仕掛けられるケースになりやすいようです。

関連記事

  1. 証券会社、オンライントレード【金融用語 金融機関編】

  2. オープンエンド型/クローズドエンド型、株式型投資信託【金融用語 金融商…

  3. MBO、株主代表訴訟【金融用語 金融商品編】

  4. 金融政策、アベノミクス【金融用語 金融政策編】

  5. 目論見書、基準価額【金融用語 金融商品編】

  6. 免責、示談【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP