Financial用語

定額保険/変額保険、一般勘定/特別勘定【金融用語 金融商品編】

Financial用語
定額保険/変額保険
概要
契約時に将来の保険金額、年金額などが約束されているのが定額保険。保険金額、年金額などが運用の実績しだいで増減するのが変額保険。
解説
定額保険と変額保険の違いは、死亡保険金や年金の受け取り時などに受け取る金額の変動があるかないかという点です。定額型の生命保険は死亡保険金、定額型の個人年金保険は受取年金額が契約時に定められています。変わらないのは基本保険金額や基本年金額で、積立金の配当部分は、運用の実績しだいで増減します。定額型の保険金や年金は一般勘定で運用されています。変額型の生命保険は、死亡保険金が契約時に定められておらず、運用の結果しだいで満期保険金が変動する生命保険です。ただし、死亡・高度障害で受け取る基本保険金額は保証されています。変額型の個人年金保険は、受取年金額が契約時に定められていない年金保険で、運用実績により年金額は増減します。死亡保険金は死亡時点での積立金額で、払込保険料の全額を最低保証するものがほとんどです。変額型の保険金や年金は、特別勘定で運用されています。
Financial用語
一般勘定/特別勘定
概要
一般勘定は保険会社が保有する財産で運用される保険資産、特別勘定は一般勘定から切り離されて運用まれる保険資産。
解説
一般勘定は、あらかじめ保険金額が契約で決められている定額型の保険の運用資産です。保険会社自身の所有する資産で運用されています。リスクを抑えて安定的な利回りを確保する使命があるため、投資対象に制限を設けて安全な運用を行っています。保険会社そのものといっても良いほどの大きな資産です。一方、特別勘定は、保険金額が運用の結果しだいという変額型の保険の運用資産です。一般勘定とは別に運用されています。高利回りを追求する運用を行うため、投資対象を制限しません。保険契約者から見ると、保険契約というよりも運用商品という側面を持っています。

関連記事

  1. ベンチャーキャピタル、シャドー・バンキング【金融用語 金融機関編】

  2. 手形、住宅ローン【金融用語 金融商品編】

  3. インカムゲイン、キャピタル・ゲイン【金融用語 金融商品編】

  4. 信用金庫/信金中央金庫、信用組合【金融用語 金融機関編】

  5. 新型総合口座、BIS規制【金融用語 金融機関編】

  6. TTS/TTB、購買力平価【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP