Financial用語

単元株、株価【金融用語 金融商品編】

Financial用語
単元株
概要
発行体が定めた株式の売買単位。議決権は1単元ごとに株主に与えられます。商法の改正により、2001年より導入。
解説
従来の株式の売買単位を原則的に額面で5万円と定めていた「単位株」制度に代え、2001年より単元株制度が施行されました。単元株制度は、株式の発行体が株式の売買単位を自由に決められるのが特徴です。定款変更で定めた株数を1単元とすることができます。それまで額面50円、1,000株単位で売買されていた株式の最低売買単位が引き下がり、個人投資家が投資しやすくなりました。単元株制度の元では、株式はすべて無額面となっています。さらに現在、東証では、取引の利便性向上のため、すべての上場株式の単元株数を100株に統一する最終段階になっています。
Financial用語
株価
概要
株式会社が発行する株式の時価を1株あたりで示した金額。売買の際の取引価格。投資家同士の取引が成立する都度更新されます。
解説
上場している会社の株価は、証券取引所で株式の売注文と買注文の売買が成立した時の、1株あたりの時価です。取引時間中は、投資家からの取引注文と売買成立が常に行われているため、株価は刻々と変わります。取引条件が合致した買注文と売注文の取引が成立した瞬間、その価格が株価として表示されます。株価は、市場参加者のニーズが数値化されたものとも言えます。ある会社の株式を「欲しい」という投資家は買注文を出し、「いらない」という投資家は売注文を出します。株価は、投資家の需要と供給のバランスが取れる水準に向かいます。多量の買注文が入れば株価はつり上がり、逆に多量の売注文が入れば株価は下がります。

関連記事

  1. 繰上返済、抵当権【金融用語 金融商品編】

  2. ノンバンク、消費者金融【金融用語 金融機関編】

  3. 定額保険/変額保険、一般勘定/特別勘定【金融用語 金融商品編】

  4. 学資保険/子ども保険、自賠責保険【金融用語 金融商品編】

  5. ストックオプション、従業員持株会制度【金融用語 金融商品編】

  6. 定期、有期【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…