ネットワーク用語

WWWブラウザ【インターネット関連用語】

WWWブラウザ

Webサイトを閲覧するために使うアプリケーションソフトのこと。単にブラウザと呼ばれたりもします。

概要
WWWブラウザは、インターネット上のWWWサーバに対して、閲覧したいファイルを「ちょうだい」とリクエストします。そうしてWWWサーバからHTMLファイルなどを受け取ると、それをせっせと整形して、「はいどうぞ」と見ることのできる形にするのがお仕事です。
解説
Webサイトを閲覧するために使うアプリケーションソフトのことで、Webブラウザや単にブラウザとも呼ばれます。主にインターネットからHTMLファイルを取得して、そこに書かれた構文をもとにテキストを整形して表示します。HTMLファイル内に画像の指定があった場合は、その画像を取得した上でテキストとともに表示するという、グラフィカルな側面を持ちます。

こうしたグラフィカルなWWWブラウザとしては、1993年に発表されたNCSAのMosaicというWebブラウザが世界最初のものとなります。その後この開発チームは、Netscape Communicasions社を興し、Netscape NavigatorというWebブラウザを発表。インターネットの爆発的な普及に貢献します。しかし、インターネットの爆発的な普及にともない、GUIインフラとしての役割も持ちはじめたWWWブラウザに危機感を抱いたのか、1995年にはMicrosoft社もMosaicのライセンスを受けて、Internet ExplorerというWebブラウザの開発に着手します。

激しい競争の結果、このInternet Explorerが圧倒的なシェアを占め、現在に至ります。近年ではこうしたWWWブラウザ機能そのものが、OSの一機能として組み込まれつつあります。そのため、これが単独のアプリケーションソフトだと意識する機会は、以前と比べて減りつつあります。

関連記事

  1. bps【ハードウェア関連用語】

  2. IMAP【インターネット関連用語】

  3. URL【インターネット関連用語】

  4. CSS【インターネット関連用語】

  5. UPnP【ハードウェア関連用語】

  6. WiMAX【ワイド・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP