ネットワーク用語

IPv6【TCP/IP関連用語】

IPv6

現在広く普及しているIP(IPv4)の後継として標準化が進められているプロトコルです。

概要
128ビットでIPアドレスを表現するため、IPV4におけるアドレス数の枯渇問題を解消することができます。IPv6の世界では、実質無限大とも言える個数のIPアドレスを発行することができます。家電を含むあらゆる機器にIPアドレスを割り当てて、それらをコントロール可能にする環境を想定しているのです。
解説
Internet Protocol Version 6の略で、TCP/IPネットワークにおいて利用されている第3層(ネットワーク層)のプロトコル、IPの後継として標準化が進められています。現在広く普及しているIPはVersion 4のものであり、IPv4とも呼ばれています。このプロトコルでは、32bitの数値によってIPアドレスを割り当てるため、表現できるアドレス数に限界が見えています。そこで、この問題に対処すべくIPv6が登場しました。

IPv6ではIPアドレスを128bitの数値によって表現します。これでいくつの数値を表現することができるかというと、約340澗(かん)個、1兆の1兆倍の1兆倍よりも大きい、実質無限といって良い個数です。IPv4の32bitで表現できる個数が約43億個ですから、飛躍的に増大したと言えます。全世界の人口よりはるかに大きい、このような広大な個数にした理由は、IPv6ではコンピュータのネットワークに留まらず、各種家電製品にもIPアドレスを付加して相互に接続できる環境を考慮したことにあります。

これによって家電を含むあらゆる機器が相互に接続され、コントロール可能になる世界を実現しようとしているのです。次世代ということもあり、IPv6では他にも様々な見直しが図られています。膨大な個数となるIPアドレスの管理に関しては、その数値に対して電話番号さながらに階層構造を持たせることで、現在のIPv4よりも逆に管理の手間を削減しています。また、IPレベルに暗号化/復号化機能を持たせることでセキュリティにも留意し、通信上で付加されるヘッダ構造の見直しを図ることで通信の効率化も実現されているのです。

関連記事

  1. NNTP【インターネット関連用語】

  2. DLNA【ハードウェア関連用語】

  3. マイクロセル方式【Mobile 関連用語】

  4. SIMカード【Mobile 関連用語】

  5. SET【インターネット関連用語】

  6. 無線LAN【ローカル・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP