ネットワーク用語

LAN【ローカル・エリア関連用語】

LAN

事業所やビル内など、比較的狭い範囲のコンピュータ同士をつなぎ、ネットワーク化したものをLANと呼びます。

概要
LANでつながれたコンピュータ間では、情報を自由にやり取りすることができます。
解説
LANとはローカル・エリア・ネットワークの略で、事業所やビル内といった比較的狭い範囲のコンピュータを専用のケーブルで接続し、ネットワーク化したものを示します。最近では家庭でもこうしたネットワークを構築する例は多く、その場合は家庭内LANやホームネットワークといった言葉が用いられています。LANには接続の形態によってスター型、バス型、リング型という3つの種類が存在し、その通信を制御する方法にもEthernet、FDDI、Token Ringなどといった種類があります。

現在ではEthernetによるスター型LANが主流となっています。LANを利用することのメリットは、複数台あるコンピュータの有効活用という点にあります。LANが構築されていない、つまりネットワーク化されていない環境では、コンピュータ同士で直接データのやり取りをする術がありませんでした。作成した文書は一旦フロッピーディスク毎どに移し、それを他のコンピュータに持っていって読み込ませる必要があったのです。

LANが構築されている環境では、こうした不便さはすべて解消されます。文書や画像に限らず、コンピュータ上の電子データはすべてLANを通じて相互にやり取りできるようになり、プリンタやDVD-R/RWドライブといった周辺機器も、ネットワークを介して他のコンピュータから扱えるようになります。こうしたメリットから、複数台のコンピュータを利用している環境では、オフィスや家庭といった枠に関係なくLANが利用されるようになってきているのです。

関連記事

  1. DHCP【サービス・プロトコル関連用語】

  2. WINS【サービス・プロトコル関連用語】

  3. UPnP【ハードウェア関連用語】

  4. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

  5. LANケーブル【ハードウェア関連用語】

  6. フェムトセル【Mobile 関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP