Financial用語

オープンエンド型/クローズドエンド型、株式型投資信託【金融用語 金融商品編】

Financial用語
オープンエンド型/クローズドエンド型
概要
会社型投資信託において、投資法人が投資口を投資家に払い戻しをするかしないかの分類。投資家の換金方法が異なります。
解説
会社型投資信託は、資産運用を目的として設立された法人です。J-REITは会社型の形態です、会社型投資信託の投資家は、株式会社の株主と似ています。会社型投資信託は、規約で投資口を投資家に払い戻すか否かを定めなければなりません。投資家の請求があれば純資産の時価で払い戻しをするタイプがオープンエンド型です。一般的な投資信託とほぼ同じ扱いです。主流は払い戻しをしないクローズドエンド型です。投資家が換金をする場合は、証券取引所などの流通市場で売却します。純資産の時価に需給の影響を受けた価格になります。ファンドの純資産にお金の出入りが頻繁でないため、流動性が劣る投資対象も組み入れることができるなど、柔軟な運用ができる点が特徴です。
Financial用語
株式型投資信託
概要
一般的には株式を中心に運用される投資信託を指すが、課税の関係上、形式的に株式型投資信託を名乗っている場合もあります。
解説
投資信託を運用対象で大きく分けると、株式型投資信託(株式型ファンド)と公社債型投資信託の2種類です。主に国内外の株式を中心に運用する投資信託が株式型投資信託です。しかし、課税上の株式型投資信託の定義は、「法律上、公社債型投資信託に分類されている以外の投資信託」です。実際には株式の組み入れが0%でも、約款で株式型投資信託と定めていたら株式型です。これは外国債が運用対象の投資信託に多く見られます。しかし、それでは混乱するので、投資信託協会の新分類では実質的に株式を組み入れているものを株式型としています。株式型投資信託のリスク度やリターン目標は幅広く、運用方針を確認する必要があります。運用資産のうちの株式の割合や、デリバティブの組み入れ有無などで、運用の結果が大きく異なります。

 

関連記事

  1. アメリカドル、ユーロ【金融用語 金融商品編】

  2. ベンチャーキャピタル、シャドー・バンキング【金融用語 金融機関編】

  3. 比例てん補、再調達価額【金融用語 金融商品編】

  4. 定額保険/変額保険、一般勘定/特別勘定【金融用語 金融商品編】

  5. ユニバーサルバンク、インベストメントバンク【金融用語 金融機関編】

  6. デフォルト、ジャンク債【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP