Financial用語

金融商品【金融用語 金融商品編】

Financial用語
金融商品
概要
投資や貸付、運用の結果、利子や配当金を生んだり、その資金の価値が変動して利益を生む性質を持つ取引契約。
解説
金融商品取引法では、従来の証券取引法で「証券」としていたものが金融商品に置き換わりました。一般に、金融商品とは、資金取引の総称です。預貯金、株式や債券といった有価証券の取引、投資信託や金銭信託、貸付信託、商品ファンド、先物取引、オプション取引などがあります。保険契約やローン契約も金融商品の位置付けです。金融商品は、資金が自分の手元を離れ、付加価値(その価値はマイナスのこともある)が付いて手元に戻ってくる契約です。付加価値は、支払いが約束されている利子や、資産価値が増加した場合に利益の一部を分配する配当金という形で資金の出し手に還元されます。また、元本の価値が増減する金融商品もあります。

関連記事

  1. 証券会社、オンライントレード【金融用語 金融機関編】

  2. 通貨切り下げ、ドルペッグ制【金融用語 国際金融編】

  3. ROE【金融用語 金融商品編】

  4. 単利・複利、名目金利・実質金利【金融用語 基礎編】

  5. 時価会計、税効果会計【金融用語 金融商品編】

  6. 預金保険機構、証券取引等監視委員会【金融用語 利用者保護編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP