Financial用語

マネタリーベース、マネーストック統計【金融用語 金融政策編】

Financial用語
マネタリーベース
概要
日銀がどの程度資金を供給しているかを見る指標。具体的には、現金の流通量と日銀当座預金残高の合計。
解説
マネタリーベースは、「日本銀行券発行高」と「貨幣流通高」、「日銀当座預金」の合計額です。別名、「中央銀行通貨」とも言います。毎月の月中平均残高を使い、流通する資金量を把握します。マネタリーベースは、信用創造機能の基礎とも言えます。貸出と預金を繰り返しながら経済を循環し、世の中の預金通貨を何倍にも膨らませます。そのため、ハイパワードマネー(強力通貨、高馬力のお金)とも呼ばれます。日銀がマネタリーベースを増減すれば、巡り巡って数倍もの市中のお金の量の増減に影響を与えます。
Financial用語
マネーストック統計
概要
経済全体に流通している通貨の量のこと。企業や個人、地方公共団体などが持っている通貨の残高合計。金融機関や政府が持つ預金などは対象外。
解説
マネーストック統計は、通貨の流通量を表す指標です。毎月、日銀から前年比の伸び率が発表されます。2008年6月よりマネーサプライ(Money supply:通貨供給量)はマネーストック(Money Stock:通貨残高)に名称を変え、対象の金融商品も見直しました。日銀はマネタリーサーベイで「M3」(現金通貨十預金通貨十準通貨+CD)の変動を公表しています。「預金通貨」とは当座預金、普通預金、貯蓄預金などで、「準通貨」とは定期預金、定期積金、外貨預金などです。現金通貨の流通量は、経済が活発なら増加、不況なら減少します。マネーストック統計から景気の先行きを予測できます。日銀の金融政策では、景気悪化と判断した場合、金利を下げたり、量的緩和政策を実施したりして景気を刺激します。

関連記事

  1. 商工中金、住宅金融支援機構【金融用語 金融機関編】

  2. くりっく365、CFD【金融用語 金融商品編】

  3. ホールセール、ALM【金融用語 金融機関編】

  4. リスク、分散投資【金融用語 金融商品編】

  5. 投資ファンド、商品ファンド【金融用語 金融商品編】

  6. 生命保険【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…