ネットワーク用語

NIC【ハードウェア関連用語】

NIC

コンピュータをネットワークに接続するための拡張カードのことです。

概要
PCIバス用、PCカード用、USB用と様々な形態の製品があります。NICは送信データを電気信号へと変換してケーブル上に流します。コンピュータに取り付けたNICにLANケーブルを接続することで、コンピュータとネットワークとが接続されます。
解説
ネットワークインターフェイスカードの略で、コンピュータをネットワークに接続するための拡張カードを示し、他に「LANボード」「LANカード」「LANアダプタ」といった呼び方があります。現在もっとも普及しているのがEthernet規格であるため、単にNICといった場合には、Ethernet用のカードを示すことがほとんどです。NICはネットワークとのインターフェイスであり、物理的なネットワークとの接点というべきものです。

ネットワークを送られてきたデータは、ケーブル上では単なる電気信号ですが、NICを介することで解釈可能な通信データとしてコンピュータに送られるのです。NICの形態としては、コンピュータ内のPCIバスと呼ばれる拡張スロットに増設する形態のものが、かつては一般的でした。しかし、ネットワークの必要性が高まるに従い、本機能はパソコン内部の基本パーツであるチップセットヘと組み込まれるようになり、ほとんどの場合、パソコンはネットワークインターフェイスを標準で備えているケースが当たり前と言っていいほどになりました。

したがって最近では、利用者が別途増設するケースはあまり多くありません。ただ、現在もNICには他にPCカードやUSB接続など様々な形態があり、使用するコンピュータに適したものを選択できるようになっています。現在チップセットに内蔵されているNICの機能は、高速な1000BASE-T規格に対応したものが一般的です。その通信速度は1Gbpsに及びます。

関連記事

  1. UPnP【ハードウェア関連用語】

  2. OSI参照モデル【TCP/IP関連用語】

  3. MACアドレス【ハードウェア関連用語】

  4. PPPoE【サービス・プロトコル関連用語】

  5. コリジョン【ハードウェア関連用語】

  6. DynamicDNS【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP