ネットワーク用語

PPPoE【サービス・プロトコル関連用語】

PPPoE

2つのポイント間を接続するプロトコルであるPPPを、Ethernet上で実現するためのプロトコルです。

概要
ADSLによるインターネット接続サービスで良く用いられています。ADSLによるインターネット接続サービスでは、ほとんどがPPPoEを採用しています。PPPoEの特徴は、PPPによるユーザ認証機構がそのままEthernet上でも使えるようになることです。これによって、通常のダイアルアップ接続とADSL接続の両サービスを統合して運用することができます。
解説
PPP over Ethernetの略で、2つのノード間を接続して通信を行うためのプロトコルであるPPPを、Ethernet上で実現するためのプロトコルです。現在、ADSLによるインターネット接続サービスでは、そのほとんどがPPPoEを採用しており、家庭向けのルータでも、PPPoEのクライアント機能を実装したものが増えています。

ダイアルアップ接続用に普及していたPPPには、単に2点間を接続するプロトコルというだけでなく、接続時にユーザ名やパスワードの確認を行うといったユーザ認証機能も組み込まれています。これは、特にインターネットヘの接続サービスを提供するISP(Internet Services Provider)にとっては、利用者管理の面で有益なものでした。ところが、ADSLのような常時接続環境となると、個人であってもEthernetを用いて接続することになるため、PPPを利用することができません。

そこで、PPPの持つ機能をEthernet上でも使えるようにする、PPPoEが考案されました。PPPoEでは、Ethernet上でPPPと同様の認証を行い、2点間の接続を確立します。これにより、ISPでは通常のダイアルアップ接続サービスと、ADSL接続サービスとを統合して運用することができるようになるため、加入者の管理も平易なものとなります。また、利用者の側にとっても、同一のADSL回線を利用しながら、ISPを複数切り替えて利用することができるなどのメリットがあります。

関連記事

  1. ブリッジ【ハードウェア関連用語】

  2. ハンドオーバー【Mobile 関連用語】

  3. TCP/IP【TCP/IP関連用語】

  4. Webサイト【インターネット関連用語】

  5. モデム【ハードウェア関連用語】

  6. ネットワークトポロジー【ローカル・エリア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP