Financial用語

新発債/既発債、格付【金融用語 金融商品編】

Financial用語
新発債/既発債
概要
新規に発行・募集されている債券が新発債、過去に発行されていて市場もしくは相対で取引されるのが既発債。発行から1日でも経てば既発債。
解説
新発債は新規発行の債券で、既発債は既に発行された債券です。債券の取引時点で、いつ発行されたものかによって分類した名称です。同じ債券でも、発行時は新発債、その後は既発債になります。新発債は募集という形で資金を集め、それに応じる投資家が資金を払い込み、発行されます。別途に手数料はかかりません。既発債は、ほかの投資家が保有していた債券が中途換金される時、市場を通じて、または相対取引(店頭取引とも言う)で買い付けます。取引所を通じて購入する際は売買委託手数料がかかり、相対取引の場合は単価に手数料が含まれています。
Financial用語
格付
概要
債券の元金や利子(または預金や保険金)が確実に支払えるか、債券の発行体や預金取扱機関、保険会社などの安全性をランク付けしたもの。
解説
格付は、内閣府令で定められた「指定格付機関」が、会社や金融機関、国、地方公共団体の発行する債券の元利払い、預金の支払い、保険金の支払いなどの確実性を調査してランク付けしたものです。評価はアルファベットや数字、「+、-」などの記号で表現されます。格付が高ければ利回りが低く、格付が低ければ利回りが高い傾向にあります。一般に、「BBB」以上の格付を投資適格格付とし、「BB」以下を投機的格付、または投資不適格としています。格付は元利払いなどの可能性の目安にはなりますが、あくまでも第三者である格付機関による意見です。格付機関によっても見方に差があるものです。また、発行会社の経営状態は常に変化しています。それによって、格付が何段階も見直されることもありますので注意が必要です。

関連記事

  1. 地方債、社債【金融用語 金融商品編】

  2. ノンフリート等級、再保険【金融用語 金融商品編】

  3. サブプライムローン問題、リーマン・ショック【金融用語 国際金融編】

  4. コール市場、手形市場【金融用語 金融市場編】

  5. 第二地方銀行、長期信用銀行【金融用語 金融機関編】

  6. 金融、直接金融、間接金融【金融用語 基礎編】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…