ネットワーク用語

Ethernet【ローカル・エリア関連用語】

Ethernet

CSMA/CD方式を用いて通信を行うネットワークの規格です。

概要
現在のLANでは、特殊な場合を除いてほとんどがEthernetを利用しています。CSMA/CD(camer sence Multiple Access/collision Detection)方式では、他に送信を行っている者がいない場合に限ってデータ送信を開始します。それでも同時に送信してしまい、パケットの衝突(コリジョン)が発生したら、ランダムな時間待機してから送信を再開します。このように通信を行うことで、 1本のケーブルを複数のコンピュータで共育することができるのです。
解説
米国Xerox社のPalo Research Center(PARC)において、Robert Metcalfe氏らにより発明されたネットワーク規格です。現在のLAN環境では、特殊な場合を除いてはすべてEternetが用いられており、その接続形態は1本のバスにすべてのコンピュータを接続するバス型と、ハブを中心として各コンピュータを接続するスター型の2種類に分かれます。

バス型LANには10BASE-2、10BASE-5といった規格があり、スター型LANには10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tなどの規格があります。10Mbpsの通信速度であった10BASE-Tに対し、Fast Ethernet規格である100BASE-TXでは100Mbpsに高速化され、さらにGigabit Ethernet(GbE)規格として登場した1000BASE-Tでは、1Gbpsにまで順次高速化が進みました。現在では、この1000BASE-Tが広く利用されており、「Ethernet」という言葉には「Fast Ethernet」「Gigabit Ethernet」を含む、それらすべての総称を指すといった意味合いが強まっています。

Ethernetではネットワーク上の通信状況を監視して、他に送信を行っている者がいない場合に限り、データの送信を開始するキャリア・センスという仕組みと、それでも同時に送信を行ってしまった場合に、発生する衝突(コリジョン)を検出する仕組みによって通信制御を行います。この制御方式は、CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection)方式と呼ばれています。

関連記事

  1. スイッチングハブ【ハードウェア関連用語】

  2. Cookie【インターネット関連用語】

  3. RSS【インターネット関連用語】

  4. NTP【インターネット関連用語】

  5. DNS【サービス・プロトコル関連用語】

  6. NIC【ハードウェア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP