ネットワーク用語

Ethernet【ローカル・エリア関連用語】

Ethernet

CSMA/CD方式を用いて通信を行うネットワークの規格です。

概要
現在のLANでは、特殊な場合を除いてほとんどがEthernetを利用しています。CSMA/CD(camer sence Multiple Access/collision Detection)方式では、他に送信を行っている者がいない場合に限ってデータ送信を開始します。それでも同時に送信してしまい、パケットの衝突(コリジョン)が発生したら、ランダムな時間待機してから送信を再開します。このように通信を行うことで、 1本のケーブルを複数のコンピュータで共育することができるのです。
解説
米国Xerox社のPalo Research Center(PARC)において、Robert Metcalfe氏らにより発明されたネットワーク規格です。現在のLAN環境では、特殊な場合を除いてはすべてEternetが用いられており、その接続形態は1本のバスにすべてのコンピュータを接続するバス型と、ハブを中心として各コンピュータを接続するスター型の2種類に分かれます。

バス型LANには10BASE-2、10BASE-5といった規格があり、スター型LANには10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tなどの規格があります。10Mbpsの通信速度であった10BASE-Tに対し、Fast Ethernet規格である100BASE-TXでは100Mbpsに高速化され、さらにGigabit Ethernet(GbE)規格として登場した1000BASE-Tでは、1Gbpsにまで順次高速化が進みました。現在では、この1000BASE-Tが広く利用されており、「Ethernet」という言葉には「Fast Ethernet」「Gigabit Ethernet」を含む、それらすべての総称を指すといった意味合いが強まっています。

Ethernetではネットワーク上の通信状況を監視して、他に送信を行っている者がいない場合に限り、データの送信を開始するキャリア・センスという仕組みと、それでも同時に送信を行ってしまった場合に、発生する衝突(コリジョン)を検出する仕組みによって通信制御を行います。この制御方式は、CSMA/CD(Carrier Sense Multiple Access/Collision Detection)方式と呼ばれています。

関連記事

  1. ファイアウォール【サービス・プロトコル関連用語】

  2. ワークグループネットワーク【ローカル・エリア関連用語】

  3. JPNIC【インターネット関連用語】

  4. ハブ【ハードウェア関連用語】

  5. ネットワークトポロジー【ローカル・エリア関連用語】

  6. DynamicDNS【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP

設定方法

シンボルウォレットのダウンロードと設定方法【Symbol Wallet】デスクト…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】デスクトップ…

設定方法

Symbol モバイルウォレットの使い方【Symbol Wallet ios】ア…

設定方法

シンボルウォレット ハーベスト設定方法【Symbol Wallet】モバイルウォ…

設定方法

Symbol Wallet バージョンアップの方法【シンボルウォレット更新】アッ…