Financial用語

ストックオプション、従業員持株会制度【金融用語 金融商品編】

Financial用語
ストックオプション
概要
自社株購入権のこと。会社が取締役や従業員などに、あらかじめ決めた株価でその会社の株式を取得できる権利を与える制度。
解説
ストックオプションは、一種の報酬制度です。取締役や従業員が自社の株式を取得し、権利行使をする時点での市場の株価(時価)との差益を、報酬と見立てたものです。ストックオプションは、まず「あらかじめ定められた株価(権利行使価額)で自社の株式を取得することができる」という権利を取締役や従業員に与えます。将来、その株価が上昇した時に権利行使価額で株式を買い、生じた時価との間の差益を報酬と考えます。その差益は、会社の業績向上いかんで増減するとの考えから、権利を受け取った取締役や従業員は、株価が上昇するように業績向上への高い意識を持つという、インセンティブの効果があります。
Financial用語
従業員持株会制度
概要
従業員が給与天引きを利用し、自分の勤務する会社の株式を積立式で買い、財産形成ができる制度。1,000円程度の積立から利用できます。
解説
従業員持株会制度は、給与天引きによる単元未満株の積立です。単元株にまとまれば、通常の株式と同様に、証券会社を通じて売却もできます。一般的には、勤務先から持株会奨励金という補助金が出ます。この補助金でも株式を買います。なお、会社法の制定や信託法改正がきっかけで「信託型従業員持ち株制度」の導入事例が増えました。このスキームは、3~5年程度の間、会社が用意した信託を通じて自社株を買い付ける制度です。制度が導入された当初は「日本版ESOP」と説明されることが多かったのですが、現在では米国で普及する従業員持株制度(ESOP)とは制度設計が異なっているとの見解が主流です。

関連記事

  1. るいとう【金融用語 金融商品編】

  2. 配当利回り、PBR【金融用語 金融商品編】

  3. 本人確認、分別保管【金融用語 金融商品編】

  4. 政府系金融機関【金融用語 金融機関編】

  5. リスク、分散投資【金融用語 金融商品編】

  6. MRF、ETF【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP