ネットワーク用語

スイッチングハブ【ハードウェア関連用語】

スイッチングハブ

通常のハブと同様に複数のLANケーブルを接続するための集線装置です。

概要
スイッチング機能を持つため、実際に通信が発生したポート間のみを直結し、他のポートに余計なパケットを流しません。スイッチングハブは各ポートに接続された機器のMACアドレスを記憶して、通信を行うポート間を直結します。一部のポートが通信中でも、他の空いているポート同士で通信を行うことができるため、帯域を有効に使うことができます。
解説
スイッチング機能を持つハブで、通常のハブと同様に複数のLANケーブルを接続するための集線装置です。スイッチング機能とは、ハブの持つ複数ポートのうち、実際に通信が発生したポート間のみを直結して他のポートに不要なパケットを流さないようにするものです。リピータの集合体であるハブ(以後リピータハブ)とは異なり、スイッチングハブはブリッジをマルチポート化したもので、マルチポートブリッジとも呼ばれます。

受信パケットを全ポートに対して送出するリピータハブとは違って、スイッチングハブでは実際に通信を行うポート間にしかパケットを流しません。そのため、他のポートは同時に別の通信を行うことができます。これは同時にパケットの衝突を抑制することにもなるため、ネットワークのパフォーマンス向上につながります。また、ブリッジの特性を引き継ぎますので、リピータハブにあるような多段接続に対する制限がなく、ネットワークの総延長距離を拡大することができます。

スイッチングハブでは、パケットを受信した時に、そのパケットが送られてきたポートと、パケットに記述された送付元のMACアドレスを対応付けて表にします。この対応表によって、どのポートにどのMACアドレスを持つ機器が接続されているかを管理し、実際のポート振り分けを行うのです。高速な通信規格である1000BASE-Tに対応したハブは、すべてこのスイッチングハブになります。

関連記事

  1. パケットフィルタリング【サービス・プロトコル関連用語】

  2. MIME【インターネット関連用語】

  3. WWWブラウザ【インターネット関連用語】

  4. NetBIOS【サービス・プロトコル関連用語】

  5. コンピュータウイルス【インターネット関連用語】

  6. WWW【インターネット関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP