Financial用語

ベンチャーキャピタル、シャドー・バンキング【金融用語 金融機関編】

Financial用語
ベンチャーキャピタル
概要
新製品や新技術を持つ創業期の中小企業に事業資金を融資したり、出資したりする金融機関。または、その投資のこと。
解説
ベンチャーキャピタルは、成長する可能性のある未公開の会社に投資する投資家や投資資金です。ベンチャーへの融資や出資は、融資資金の貸し倒れや出資に見合うリターンが得られないなどのリスクを負っています。その反面、高い金利が得られたり、投資先企業の株式が上場して株価が上がった場合の投資利益が期待できます。ベンチャーキャピタルは、見込んだ投資の成果を得るため、投資先企業に経営者を送り込んだり、経営コンサルティングを行なったりします。ベンチャーキャピタル事業は、投資ビジネスだけでなく、重要な社会的役割も担っています。一般的に、新興企業や未上場企業は、融資や出資が容易に受けられません。将来性のある成長企業を育成するベンチャーキャピタルは社会的に意義のあるビジネス事業です。
Financial用語
シャドー・バンキング
概要
本来は、銀行免許を持たない金融機関の総称。投資銀行や信託、ファンドなどの業態から貸金業者まで含まれます。
解説
シャドー・バンキングは影の銀行とも呼ばれ、ダークなイメージですが、このシステム自体は健全で、合法的な金融機関です。銀行の固有業務以外の金融システムに携わる業務が該当します。証券化に携わる運用会社やインベストメントバンクなどが隆盛したことが、サブプライムローン問題の一因ともなりました。最近では、中国当局の厳しい規制下にある銀行を通さない個人や企業の資金のやり取りに、シャドー・バンキングが使われています。理財商品と呼ばれる高利回りの取引のリスク管理やデフォルト懸念が問題視され、実態を把握できず不安感が高まっています。とはいえ、世界的視野で見れば、中国の金融市場は閉鎖的です。そのため、仮にデフォルトが起こっても、世界に連鎖するような金融問題に発展する可能性は限定的と見られています。

関連記事

  1. PER、ROA【金融用語 金融商品編】

  2. 地方債、社債【金融用語 金融商品編】

  3. 生命保険【金融用語 金融商品編】

  4. 保険価額、全損【金融用語 金融商品編】

  5. 公募・私募【金融用語 基礎編】

  6. 保護預り、証券保管振替制度【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP