Financial用語

ユニバーサルバンク、インベストメントバンク【金融用語 金融機関編】

Financial用語
ユニバーサルバンク
概要
銀行業務だけでなく、証券・生損保、リース業など幅広い業務を営む総合金融機関。欧州で発祥、日本や米国でも自由化されました。
解説
従来、日本の金融機関は、銀行業務は銀行、証券業務は証券会社、保険業務は保険会社でというように垣根が設けられていました。2004年の改正証券取引法の施行で金融の自由化が進み、銀行が証券子会社を設立したり、保険会社の代理店になるなど、グループ内でさまざまな金融商品を取り扱っています。金融業界の再編がユニバーサルバンク化を後押ししています。欧州では、過去の日本のように銀行業務と証券業務を分離していなかったため、欧州(特にドイツ)の大手金融機関は、以前から1つの金融機関が間接金融と直接金融の両方の業務を行っていました。
Financial用語
インベストメントバンク
概要
預金と融資という間接金融中心の銀行業務でなく、M&Aや証券化、投資ファンドなど直接金融に関わり手数料を稼ぐ業態の金融機関。
解説
インベストメントバンク(投資銀行)とは、預金と融資が中心の商業銀行に対する業態で、直接金融に関わる業務を行う金融機関です。主に、有価証券の発行者から有価証券を取得する「引受業務(アンダーライティング)」と、発行者から引受けた有価証券を一般の投資家に販売する「募集業務(セリング)」を中心に行っています。ほかには、M&Aや株式上場などのコンサルティング業務、企業の資産運用受託など、業務は幅広く、ホールセールの証券会社に近い業態といえます。バンク(銀行)という名称が付くものの、預金と融資という間接金融を主業務にする日本の伝統的な銀行とは、業務内容が異なっています。

関連記事

  1. 証券会社、オンライントレード【金融用語 金融機関編】

  2. 預金準備率操作、量的緩和政策【金融用語 金融政策編】

  3. 信託銀行、全銀協【金融用語 金融機関編】

  4. アメリカドル、ユーロ【金融用語 金融商品編】

  5. NISA【金融用語 金融商品編】

  6. くりっく365、CFD【金融用語 金融商品編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP