Financial用語

為替介入、外貨準備【金融用語 国際金融編】

Financial用語
為替介入
概要
中央銀行などの通貨当局が、外国為替市場で相場の安定を図るなどの目的で外国為替の売買を行うこと。
解説
為替介入は、正式には「外国為替平衡操作」といいます。一般的には、通貨当局である中央銀行などが相場をある方向に操作するために外国為替を売買することです。急激な為替変動が経済の混乱を招くような場合などに実施されます。例えば、円高ドル安に対しては「円売りドル買い介入」、円安ドル高の場合は「円買いドル売り介入」を行い、相場変動を抑えようとします。為替介入の資金は、財務省が管轄する「外国為替資金特別会計」が財源です。介入して買った外貨が外貨準備で、外国為替資金特別会計の中で米国債などを購入し、運用されています。
Financial用語
外貨準備
概要
政府や中央銀行が持つ外貨建ての資産。日本の場合は、為替介入用の外国為替資金特別会計が財務省に、国際金融協力目的の外貨が円銀にあります。
解説
外貨準備は、現金通貨で外国為替をただ保有しているのではなく、その多くが外国債などの外貨建て証券や外貨預金、金(ゴールド)などで運用されています。民間企業や個人の保有する外貨建ての資産は含まれません。金額で示されるため、外貨準備高とも呼ばれます。外貨準備は、輸入代金や借入金返済などの対外支払いに保有するだけでなく、通貨危機などで他国への外貨建て債務の返済などが困難になった場合に使用する準備資産です。為替介入にも使われます。

関連記事

  1. ローン、融資形態【金融用語 金融商品編】

  2. 新発債/既発債、格付【金融用語 金融商品編】

  3. 株価チャート【金融用語 金融商品編】

  4. オープン市場、CD市場【金融用語 金融市場編】

  5. 漁協、農林中金【金融用語 金融機関編】

  6. 政策金利、公開市場操作【金融用語 金融政策編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP