Financial用語

政府系金融機関【金融用語 金融機関編】

Financial用語
政府系金融機関
概要
国の政策のために設立された金融機関。民間ではできない分野やリスクが高い分野の金融業務を行います。
解説
政府系金融機関は、商工中金を除き、全額政府出資で特別法に基づいた特殊会社です。9つあった政府系金融機関は段階的に再編されています。民間金融機関を補完し、民業を圧迫してはいけないとされています。特殊法人改革や財政投融資改革、政策金融改革は、郵便貯金や年金積立基金などの資金を旧大蔵省資金運用部を通じて政府系金融機関に流れていた仕組みにメスを入れました。

関連記事

  1. 金融商品販売法、消費者契約法【金融用語 利用者保護編】

  2. 銀行の固有業務/付随業務、決済機能【金融用語 金融機関編】

  3. 固定金利、変動金利【金融用語 基礎編】

  4. ポートフォリオ、ドルコスト平均法【金融用語 金融商品編】

  5. 情報の非対称性、ペイオフ【金融用語 利用者保護編】

  6. インターネットバンキング、異業種の銀行参入【金融用語 金融機関編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP