ネットワーク用語

マイクロセル方式【Mobile 関連用語】

マイクロセル方式

単一のアンテナ墓地局でカバーできる範囲は、狭いながらも、それを多数配置することでエリア全体をカバーする方式。これをマイクロセル方式といいます。

概要
主にPHSが採用しています。セルとは単一のアンテナ基地局でカバーできる電波の範囲のこと。マイクロセル方式では、アンテナ基地局に、狭い範囲をカバーする小出力のものを使います。多数の墓地局を使ってエリア全体をカバーするため、個々の基地局にかかる負荷は分散されます。
解説
セルとは、単一の基地局でカバーできる範囲のこと。マイクロセル方式とは、狭いカバー範囲を多数配置することで、エリア全体をカバーする方式を指します。移動体通信の世界では、PHSがこの方式を採用しています。PHSの基地局は小出力であるため、ひとつひとつの基地局では狭い範囲しかカバーすることができません。

したがって広いエリアをカバーするには、基地局の数を増やす必要が出てきます。基地局の設置コスト自体は安価ですが、エリア内に穴ができないよう配置するにはそれなりに数が嵩みます。そのためエリアの拡大には、多くの時間とコストとを要するのが普通です。

しかし、ともすれば非効率ともとれるマイクロセル方式ですが、多数の基地局を用いてエリアをカバーする方式という特性が、ひとつの基地局にぶら下がる利用者の数を少なく抑えることができるというメリットも生んでいます。通常、ひとつの基地局に多くの利用者が殺到すると、その基地局がカバーする範囲は処理が間に合わず、「電話がつながりにくくなった」「通信速度が急激に低下した」などの障害を生む要因となります。

しかし、PHSのようなマイクロセル方式では、多数の基地局が設置されているため、エリア内で負荷が分散され易く、このような問題が生じ難いのです。こうした特性に目を付け、本来はマクロセル方式を用いる携帯電話サービスの分野でも、人口密度の高い都市部などでマイクロセル方式を導入する事業者が出てきています。

関連記事

  1. 検索サイト【インターネット関連用語】

  2. インターネット【インターネット関連用語】

  3. パケット通信【Mobile 関連用語】

  4. IPv6【TCP/IP関連用語】

  5. 携帯電話【Mobile 関連用語】

  6. UPnP【ハードウェア関連用語】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP