Financial用語

NISA【金融用語 金融商品編】

Financial用語
NISA
概要
上場株式や公募株式投信の投資等元本一定額までの配当金・分配金、譲渡益について、本来かかる税金を非課税にする制度。
解説
NISA(Nippon lndividual Savings Account:少額投資非課税制度)の対象は上場株式、ETF、J-REIT、公募株式投資信託ですが、具体的な取扱商品は各金融機関によって異なるため、確認が必要です。対象商品の1年間の新規投資額100万円以内に対し、5年間の株主配当金・収益分配金と、5年以内に売却した場合の譲渡益が非課税になります。非課税制度を利用したい場合は、その銘柄の購入前にNISA口座を開設しておき、買付時にNISA口座内で買うことを指定します。5年間、毎年100万円の上限までNISAを利用すると、5年目には投資元本500万円が非課税扱いとなります。すでに特定口座や一般口座などの課税口座で保有しているものはNISAに移せません。新しい制度なので、今後の改正に期待が寄せられています。改正の動向に注意し、最新情報を入手して利用して下さい。

関連記事

  1. 確定拠出年金、確定給付企業年金【金融用語 金融商品編】

  2. 共済、生保の株式会社化【金融用語 金融機関編】

  3. 金融、直接金融、間接金融【金融用語 基礎編】

  4. 第二地方銀行、長期信用銀行【金融用語 金融機関編】

  5. 投資信託、ファンドマネージャー【金融用語 金融商品編】

  6. 証券取引所、上場、上場廃止【金融用語 金融市場編】

ピックアップ

  1. 利用される暗号資産

最新コンテンツ


PAGE TOP